目次

最新醫學別冊 診断と治療のABC 101 

高LDL-C血症・低HDL-C血症  (倉林 正彦 編集)


論文題名

著者所属

著者名

序論 群馬大学 倉林 正彦
眼で見る高LDL-C血症、低HDL-C血症 群馬大学 倉林 正彦
第1章 概念・定義と疫学
高LDL-C血症と低HDL-C血症の概念と病型分類 防衛医科大学 池脇 克則
高LDL-C血症、低HDL-C血症、高HDL-C血症の臨床疫学 東京慈恵会医科大学 和田 高士
第2章 病理・病態生理
脂質異常症による動脈硬化の病理 国立循環器病研究センター病院 池田 善彦
コレステロール代謝異常の病態生理 
 1.リポタンパク受容体 千葉大学 黒田 正幸
 2.核内受容体 東京大学 酒井 寿郎
 3.コレステロール吸収 東京医科歯科大学 出牛 三千代
 4.コレステロール逆転送系 帝京大学 木下 誠
 5.ARH, PCSK9 金沢大学 川尻 剛照
 6.植物ステロール・酸化コレステロール 福島県立医科大学 塚本 和久
動脈硬化惹起性のリポタンパクの代謝
 1.酸化LDL 昭和大学 宮崎 章
 2.small dense LDL 昭和大学 平野 勉
第3章 診断
診断の進め方(鑑別診断も含めて) 京都大学 荒井 秀典
LDL検査の現状と課題(正確性について) 順天堂大学 三井田 孝
HDL検査(量と質に関して) 防衛医科大学 綾織 誠人
第4章 管理・治療
高LDL-C血症と低HDL-C血症の管理・治療
 1.食事療法 お茶の水女子大学 近藤 和雄
 2.運動療法 慶應義塾大学 勝川 史憲
高LDL-C血症と低HDL-C血症の薬物療法の基準(日米のガイドラインの相違を含めて) 国際医療福祉大学 佐々木 淳
治療薬剤
 1.スタチン 金沢大学 野原 淳
 2.エゼチミブ 横浜市立大学 重松 絵理奈
 3.フィブラート、チアゾリジン誘導体 自治医科大学 石橋 俊
 4.プロブコール、陰イオン交換樹脂製剤(レジン) 神戸学院大学 久米 典昭
 5.イコサペント酸エチル(EPA)製剤、ドコサヘキサエン酸(DHA)、ニコチン酸製剤 筑波大学 志鎌 明人
補助療法 LDL-アフェレシス 国立循環器病研究センター 斯波 真理子
プラークの退縮とLDL-C, HDL-C 群馬大学 倉林 正彦
CETP阻害薬の現状 大阪大学 山下 静也
コラム
特定健診の現状と課題 (公衆衛生医師の立場から) 愛媛大学 斉藤 功


別冊タイトル一覧に戻る

HOME