目次

最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 12 /免疫2

アレルギー性鼻炎 改訂第2版 (今野 昭義 編集)



 初版発刊から8年が経過し,アレルギー性鼻炎診療において多くのエビデンスが集積され,2009年には「鼻アレルギー診療ガイドライン」が公開されました.この10年間,日本人におけるアレルギー性鼻炎の罹患率は増加を続け,特にスギ花粉症では10%以上の増加が認められています.現在,奏功機序の異なる多彩な薬剤が開発されているものの,スギ花粉症患者の治療満足度は決して高くはありません.
 本書には経皮免疫療法や舌下免疫療法をはじめとした最新の治療法も載せており,アレルギー性鼻炎の治療にあたる先生方にとって,明日からの診療にすぐ役立つ内容が満載しております.また巻頭の「目で見るアレルギー性鼻炎」ではアレルギー性鼻炎の症状や発症メカニズムを分かりやすく示しております.
 この分野の成書として是非ご一読ください.

論文題名

著者所属

著者名

(財)脳神経疾患研究所 今野 昭義
目で見るアレルギー性鼻炎 (財)脳神経疾患研究所 今野 昭義  
第1章 概念・定義と疫学
概論 日本医科大学 奥田 稔 13
疫学 独協医科大学 馬場 廣太郎 25
第2章 病理・病態生理
鼻腔の構造・機能と鼻過敏症状 千葉大学 花澤 豊行 34
感作のメカニズム 岡山大学 岡野 光博 43
過敏症状発現のメカニズム 札幌医科大学 白崎 英明 53
アレルギー性炎症とサイトカイン・ケモカイン 千葉大学 堀口 茂俊 61
第3章 類縁疾患の病態と鑑別診断
鼻過敏症の鑑別診断と好酸球増多性鼻炎・血管運動性鼻炎の病態 (財)脳神経疾患研究所 今野 昭義 68
アスピリン過敏症 大阪大学 荻野 敏 77
アレルギー性真菌性副鼻腔炎 東京慈恵会医科大学 松脇 由典 86
好酸球性副鼻腔炎 横浜市立大学 石戸谷 淳一 100
第4章 管理・治療
患者指導・教育 (財)脳神経疾患研究所 今野 昭義 110
抗原回避・除去の実際 秋田大学 本田 耕平 120
薬物療法
 1.アレルギー性鼻炎用薬の特徴と治療選択 鹿児島大学 黒野 祐一 127
 2.幼小児アレルギー鼻炎の治療 山形大学 太田 伸男 134
妊婦のアレルギー性鼻炎と妊娠性鼻炎に対する治療上の注意点 大島耳鼻咽喉科サージセンター東京 寺田 修久 143
免疫療法 日本医科大学 後藤 穣 156
手術療法 大阪歯科大学 久保 伸夫 163
スギ花粉症、通年性アレルギー性鼻炎(ダニ)の自然寛解 千葉大学 米倉 修二ほか 172
新しい治療
 1.舌下免疫療法 日本医科大学 大久保 公裕 180
 2.ペプチド免疫療法、DNA免疫療法 福井大学 藤枝 重治 187
アレルギー性鼻炎の医療経済 NPO日本健康増進支援機構 榎本 雅夫 200
第5章 関連疾患の病態と治療
アレルギー性結膜疾患 東京女子医科大学 高村 悦子 210
口腔アレルギー症候群 市立室蘭総合病院 朝倉 光司 219
慢性咳嗽 本誌目次において誤植がございました「喇→嗽」 藤田保健衛生大学 内藤 健晴 228
第6章 ガイドライン
アレルギー性鼻炎治療のガイドライン 千葉大学 岡本 美孝 235

その他の免疫シリーズ
免疫1 関節リウマチ(改訂第2版)
免疫3 アトピー性皮膚炎(改訂第2版)
免疫4 食物アレルギー
免疫5 HIV感染症とAIDS
免疫6 全身性エリテマトーデス
免疫7 多発性筋炎・皮膚筋炎



別冊タイトル一覧に戻る

HOME