目次

最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 1 /呼吸器1

慢性閉塞性肺疾患 (改訂第2版) (泉 孝英 編集)



 初版発刊から9年が経過し,慢性閉塞性肺疾患(COPD)診療において多くのエビデンスが集積され,2009年には「COPD (慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン第3版」が公開されました.日本では2000年頃にCOPDの有病率,患者数はピークでしたが,人口の高齢化により死亡者は依然増えています.一方,有病率は1980年代から始まった禁煙運動の成果から近年低下しているものの,画像診断,投薬数,在宅酸素療法など医療費の面では問題も抱えております.
 本書には診療ですぐに役立つ診断・管理・治療のポイントや最新の情報を豊富に載せております.
 巻末の座談会では,実際の診療に当たっているベテランの先生方がCOPD治療の実際について熱心に語られています.
 この分野の成書として是非ご一読ください.。

論文題名

著者所属

著者名

京都大学 泉 孝英
図表で見るCOPD
第1章 概念・定義と疫学
概念・定義 千葉大学 巽 浩一郎 13
疫学 順天堂大学 植木 純ほか 22
第2章 病理・病態生理
病理 東京女子医大 青柴 和徹 31
病態生理 金沢医科大学 長内 和弘 38
病因 東北大学 久保 裕司 46
発症機序 順天堂大学 佐藤 匡ほか 56
第3章 診断
診断 東北大学 山谷 睦雄 65
肺機能検査所見 信州大学 藤本 圭作 73
画像所見 京都大学 平井 豊博 79
鑑別診断 久留米大学 川山 智隆ほか 87
第4章 管理・治療
管理・治療 国立病院機構東京病院 寺本 信嗣 99
薬物治療(選択基準) 大阪市立大学 平田 一人 105
治療薬剤
 1. 気管支拡張薬 信州大学 花岡 正幸 112
 2. ステロイド剤 京都大学 室 繁郎 121
酸素療法・在宅酸素療法 北海道大学 宮本 顕二 129
呼吸リハビリテーション 秋田大学 塩谷 隆信ほか 137
栄養療法 奈良県立医科大学 吉川 雅則 152
外科療法 静岡市立静岡病院 千原 幸司 164
増悪期の管理と予防 大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター 石原 英樹 177
生命予後と臨床経過 村上記念病院 西村 浩一 186
禁煙の意義と禁煙治療 奈良女子大学 高橋 裕子 197
医療費 京都大学 泉 孝英 204
第5章 ガイドライン
ガイドライン 東京女子医科大学 永井 厚志 214
座談会 
COPD診療の実際 京都大学 泉 孝英 221
  神戸市立医療センター中央市民病院 富井 啓介  
  公立陶生病院 近藤 康博  
  神奈川県立循環器呼吸器病センター 小倉 高志  

その他の呼吸器シリーズ
呼吸器2 喘息 改訂第2版
呼吸器3 サルコイドーシス 改訂第2版
呼吸器4 肺炎 改訂第2版
呼吸器5 肺がん 改訂第2版
呼吸器6 結核・非結核性抗酸菌症
呼吸器7 特発性肺線維症
呼吸器8 胸膜・縦隔・胸壁・横隔膜の疾患
呼吸器9 全身性疾患に伴う肺病変

HOME