目次

最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 2 /呼吸器2

喘息 (泉 孝英 編集)



 シリーズ第2巻は「喘息」を取り上げました。喘息の権威、京都大学名誉教授 泉 孝英先生の編集です。
 本書では「喘息」について新しい概念、最新の診断・治療法や治療薬などについて各領域の経験豊富な専門家が分担執筆しています。
 第一線の臨床家には必読の実用書です。


論文題名

著者所属

著者名

第1章 喘息の概念・定義
喘息の定義・喘息研究(管理・治療)の進歩 京都大学 泉孝英

9

疫学 昭和大学 今井俊道、ほか

34

第2章 喘息の病態
病態 国立相模原病院 森晶夫

47

喘息の遺伝・遺伝子 福島県立医大 棟方充

55

気道の炎症・リモデリング 京都大学 新実彰男、ほか

62

気道過敏性 久留米大学 相沢久道

71

喘息と慢性閉塞性肺疾患 岩手医大 山内広平

78

第3章 喘息の診断
喘息の診断 同愛記念病院 佐野靖之

87

第4章 喘息の管理・治療
管理・治療の基本 国立国際医療センター 工藤宏一郎

96

管理・治療薬剤 帝京大学 大田健

103

治療薬剤
 (1)ステロイド薬 神戸市立西市民病院 石原享介

112

 (2)beta 刺激薬・抗コリン薬 名古屋大学 高木健三

120

 (3)テオフィリン薬 帝京大学 山下直美

129

 (4)ロイコトリエン拮抗薬 秋田大学 山田佳之、ほか

136

抗喘息薬の臨床試験の成果と今後の課題 京都大学 西村浩一

144

管理・治療の実際
 (1)第一線の立場から 中島クリニック 中島明雄

153

 (2)咳喘息・慢性咳嗽 金沢大学 藤村政樹

163

 (3)小児喘息 京都大学 片村憲司

171

 (4)アスピリン喘息 国立相模原病院 谷口正実、ほか

181

 (5)アレルギー性肉芽腫性血管炎(Churg-Strauss 症候群) 南岡山病院 宗田良

192

 (6)職業性喘息 群馬大学 土橋邦生

200

 (7)難治性喘息 東北大学 一ノ瀬正和

207

 (8)喘息の救急治療 船橋市立医療センター 境田康二

214

喘息の長期予後 国立相模原病院 釣木澤尚実、ほか

221

喘息の医療経済 京都大学 泉孝英

229

第5章 喘息のガイドライン
喘息のガイドライン 獨協医大 渡邉直人、ほか

243

座談会 喘息−21世紀の課題−
         獨協医大 福田健

261

    東北大学 一ノ瀬正和
    国立相模原病院 森晶夫

   (司会)

京都大学 泉 孝英

その他の呼吸器シリーズ
呼吸器1 慢性閉塞性肺疾患 改訂第2版
呼吸器3 サルコイドーシス
呼吸器4 肺炎
呼吸器5 肺癌
呼吸器6 結核・非結核性抗酸菌症
呼吸器7 特発性肺線維症
呼吸器8 胸膜・縦隔・胸壁・横隔膜の疾患

HOME