目次

最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 23 /腎2

IgA腎症 (富野 康日己 編集)



 我が国におけるIgA腎症の発症率は諸外国に比べて高く、毎年3,000〜4,000人以上のIgA腎症患者が透析導入されていると推察されています。本症は無症候性の検尿異常で発見されることが大半であり、軽微な検尿異常を軽視しないことが肝要であると言われています。
 本書は、まず病因、病態生理、診断について要点を、次に生活指導、食事療法そして薬物療法(ステロイド剤、ACE阻害薬、ARB、抗血小板薬、魚油、抗凝固療法、クレメジン療法)など管理と治療について詳細に述べています。さらに、扁桃摘出、治療ガイドラインにも触れています。
  IgA腎症に関する最新の知見が盛り込まれており、研修医を始め一般臨床医、看護師の皆さんのご期待に応える内容になっています。是非ご一読ください。


論文題名

著者所属

著者名

順天堂大学 富野康日己
第1章 IgA腎症の概念・定義
概念・定義 順天堂大学 堀越 哲 9
疫学 東海大学 遠藤 正之 14
第2章 IgA腎症の病因・病態生理
病理 国立病院機構 千葉病院 城 謙輔 26
病態生理 長崎大学 宮崎 正信ほか 36
病因 藤田保健大学 比企 能之 43
第3章 IgA腎症の診断
診断 川崎医科大学 柏原 直樹ほか 60
検査所見 東北大学 杉浦 章ほか 66
鑑別診断 東京医科歯科大学 小林 隆彦ほか 74
第4章 IgA腎症の管理と治療
生活指導・運動 東京女子医大 内田 啓子ほか 82
食事療法 昭和大学藤が丘病院 吉村 吾志夫ほか 89
薬物療法・選択基準(総論) 東京慈恵会医科大学 川村 哲也 97
副腎皮質ステロイド 新潟大学 成田 一衛ほか 108
ACE阻害薬・ARB 聖マリアンナ大学 白井小百合ほか 115
抗血小板薬 田附興風会北野病院 武曽 恵理 123
抗凝固療法 昭和大学 柴田 孝則ほか 131
魚油(fish oil) 愛知医科大学 三浦 直人ほか 137
クレメジン療法の目指すところ 東京女子医科大学 佐中 孜ほか 145
扁桃摘出 仙台社会保険病院 堀田 修 154
経過・予後 東京大学 孫 大輔ほか 164
IgA腎症と医療経済 順天堂大学 柘植 俊直 172
第5章 IgA腎症治療ガイドライン
IgA腎症ガイドライン 順天堂大学 鈴木 仁ほか 180
座談会 IgA腎症の診断と治療−最近の話題-
藤田保健衛生大学 比企 能之 187
東京慈恵会医科大学 川村 哲也

(司会)

順天堂大学 富野 康日己  

その他の腎シリーズ
腎1 CKD 慢性腎不全 改訂第2版
腎3 ANCA関連腎炎
腎4 透析合併症 改訂第2版
腎5 腎がん・膀胱がん 改訂第2版
腎6 腎結石・尿路結石
腎7 糖尿病性腎症
腎8 ネフローゼ症候群


別冊タイトル一覧に戻る

HOME