目次

最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 24 /血液3

慢性骨髄増殖性疾患 (大屋敷 一馬 編集)



 慢性骨髄増殖性疾患の管理や治療は、大きく変貌しつつあります。それは、多くの分子標的療法の開発であり、また造血幹細胞ソースと移植方法の多様化です。
 本書は、慢性骨髄性白血病を中心に、概念・疫学、診断、病理・病態から、医療経済、薬物療法、造血幹細胞移植そしてガイドラインに至るまで、最新の知見を網羅しています。また、巻末の座談会では慢性骨髄性白血病治療の話題と展望について話し合われています。
 各分野の専門医が執筆しており、研修医を始め一般臨床医、看護師の皆さんのご期待に応える内容になっています。
是非ご一読ください。


論文題名

著者所属

著者名

東京医科大学 大屋敷一馬
第1章 慢性骨髄増殖性疾患の概念・定義と疫学
概念・定義 埼玉医科大学 陣内 逸郎 9
疫学 東海大学 岸  賢治 20
小児の慢性骨髄増殖性疾患の特徴 聖路加國際病院 真部  淳 30
第2章 慢性骨髄性白血病の病理・病態
発症機構と急性転化 獨協医科大学 三谷 絹子 40
遺伝子発現プロファイリング 自治医科大学 間野 博行 49
薬物耐性機序とその克服 東京医科大学 田内 哲三ほか 58
第3章 診断
慢性骨髄性白血病の診断 東京大学 東條 有伸 68
慢性骨髄増殖性疾患の白血病型移行 日本医科大学 檀  和夫 77
慢性骨髄増殖性疾患の細胞遺伝学 京都府立医科大学 谷脇 雅史 85
第4章 慢性骨髄性白血病の管理・治療
慢性期の薬物療法 浜松医科大学 大西 一功 94
分子生物学的モニタリング 名古屋第一赤十字病院 徳永 正浩ほか 102
急性期の治療 岡山大学 谷本 光音 119
造血幹細胞移植の位置付け 慶應義塾大学 岡本 真一郎 128
インフォームドコンセントと看護サイドからの管理 (財)癌研究会 畠  清彦ほか 139
医療経済学 金沢大学 大竹 茂樹 146
第5章 類縁疾患の診断・治療と最近の話題
慢性好中球性白血病 秋田大学 三浦 偉久男 155
慢性好酸球性白血病/好酸球増加症候群 東京女子医科大学 塩崎 宏子ほか 163
真性赤血球増多症 自治医科大学 木 省治郎 172
慢性骨髄線維症 久留米大学 岡本  孝 184
本態性血小板血症 東京慈恵会医科大学 薄井  紀子 196
第6章 ガイドライン
慢性骨髄性白血病の治療ガイドライン 愛知がんセンター 大野  竜三 207
座談会 慢性骨髄性白血病治療の和愛と今後の展望
埼玉医科大学 陣内  逸郎 216
慶應義塾大学 岡本 真一郎

(司会)

東京医科大学 大屋敷 一馬  

その他の血液シリーズ
血液1 血液疾患合併感染症(改訂第2版)
血液2 骨髄異形成症候群
血液4 急性白血病(改訂第2版)
血液5 潜伏感染ウイルスによる血液疾患
血液6 静脈血栓症・肺塞栓症とDIC
血液7 血小板減少症・増加症
血液8 再生不良性貧血
血液9 悪性リンパ腫
血液10 多発性骨髄腫

別冊タイトル一覧に戻る

HOME