目次

最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 26 /免疫4

食物アレルギー (河野 陽一 編集)



 食生活の西欧化、多様化に伴い食物アレルギーの有病率は増加傾向にあります。平成14年食品衛生法が改正され、食物アレルギーの社会的認知度も上向いています。しかし、エピネフリン自己注射剤の適応が蜂アレルギーに限られるなど行政面での対応の遅れが問題となっています。本書は、食物アレルギーの臨床現場における現状を踏まえて、概念・疫学、病態、診断、治療・予後、ガイドラインは勿論のこと社会的対応についても相当なページを割いて、最新の知見を網羅しています。 また、最近問題視されている食物依存性運動誘発アナフィラキシーについても詳しく解説しています。
 各分野の専門医が執筆しており、研修医を始め一般臨床医、看護師の皆さんのご期待に応える内容になっています。是非ご一読ください。
 

論文題名

著者所属

著者名

千葉大学 河野 陽一
第1章 食物アレルギーの概念と定義
食物アレルギーの定義と概念 相模原病院 海老澤 元宏 9
食物アレルギーの疫学 相模原病院 今井 孝成  13
第2章 食物アレルギーの病態
腸管粘膜免疫システムと経口免疫寛容 東京大学 八村 敏志  20
食物アレルギーの発症メカニズム 千葉大学 下条 直樹ほか  26
食物アレルギーの遺伝 岐阜大学 近藤 直実ほか  34
食物アレルゲン 国立医薬品食品衛生研究所 穐山 裕ほか  45
食品添加物 千葉大学 鈴木 修一  57
特殊な食物アレルギー:食物依存性運動誘発アナフィラキシー・口腔アレルギー症候群 横浜市立大学 相原 雄幸  67
第3章 食物アレルギーの臨床像
食物アレルギーの臨床症状 高知病院 小倉 英郎  79
食物アレルギーの診断 ありた小児科 有田 昌彦  102
食物負荷試験 福岡病院 柴田 瑠美子  113
皮膚テストとin vitro検査によるアレルゲンの同定 千葉大学 冨板 美奈子  120
食物アレルギーとアレルギーマーチ 同愛記念病院 山口 公一 131
第4章 食物アレルギーの治療と予後
食物アレルギーの治療と生活管理 福井大学 眞弓 光文  140
食物アレルギーに対する薬物治療・選択基準 東京大学 岩田 力  147
アナフィラキシーショックなどへの救急対応 東京慈恵会医科大学 勝沼 俊雄ほか  153
除去食療法の実際と代替食品 高知病院 小倉 由紀子  157
食物アレルギーへの免疫療法 藤田保健衛生大学 宇理須 厚雄  167
食物アレルギーの予知と予防 千葉県こども病院 山出 晶子ほか  174
食品除去の解除と予後 同志社女子大学 伊藤 節子  181
成人期の食物アレルギー 横浜市立大学 池澤 善郎  190
第5章 食物アレルギーと社会的対応
食物アレルギーへの社会的対応の必要性と現状 相模原病院 今井 孝成ほか  204
食物アレルギー児と家族のQOL 国立成育医療センタ- 赤澤 晃  209
食物アレルギー児と養育者への心のケア 国立成育医療センター 大矢 幸弘  215
食品表示の現状と問題点 東京大学 今村 知明 222
第6章 食物アレルギーガイドライン
食物アレルギー診断と治療ガイドライン 同愛記念病院 向山 徳子 231
第7章 食物アレルギー治療への展望
低アレルゲン化食品と抗アレルギー食品 東京大学 戸塚 護  238
プロバイオティクスと食物アレルギー 国立生育医療センター研究所 松本 健治  245
座談会 食物アレルギーの問題点と解決の方策-ガイドラインを踏まえて-
同愛記念病院 向山 徳子 254
相模原病院 海老澤 元宏
福井大学 眞弓 光文

(司会)

千葉大学 河野 陽一  

その他の免疫シリーズ
免疫1 関節リウマチ 改訂第2版
免疫2 アレルギー性鼻炎 改訂第2版
免疫3 アトピー性皮膚炎 改訂第2版
免疫5 HIV感染症とAIDS
免疫6 全身性エリテマトーデス
免疫7 多発性筋炎・皮膚筋炎



別冊タイトル一覧に戻る

HOME