目次

最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 42 /循環器6

大動脈瘤・大動脈解離 改訂第2版 (鈴木 亨・永井 良三 編集)



  初版発刊から7年が経過し,この間,大動脈瘤・大動脈解離の診断・治療において多くのエビデンスが集積され,2011年にはガイドラインの改訂が行われました.高齢化に伴い動脈硬化性疾患が年々増加傾向にある中,本疾患は確実に増えています.そのため,日常診療においてこれらの症例に遭遇することは決して少なくありません.最終的には外科的治療が必要となることが多いですが,発症時には急性疾患としての症状を呈することがあるため,臨床症状と検査所見・画像検査による診断,さらに内科的・外科的な治療の考え方に対する知識も必要と言われています.またステントグラフト法の普及により治療選択肢も拡がりつつあります.
 本誌では我が国の大動脈瘤・大動脈解離に対する先進的な医療の状況,さらに世界における位置づけをお伝えし,実地医療の先生方に対して少しでもお役にたてばと考えております.
 この分野の成書として是非ご一読ください.
論文題名 著者所属 著者名
東京大学 鈴木 亨ほか
眼で見る大動脈瘤・大動脈解離 東京大学 澤城 大悟
第1章 疫学
国内外の大動脈レジストリー研究 東京大学 鈴木 亨 13
急性大動脈スーパーネットワーク 榊原記念病院 高山 守正ほか  26
第2章 病理・病態生理
大動脈瘤・大動脈解離の病理 福岡赤十字病院 中島 豊ほか 35
大動脈解離 の病因・病態生理 久留米大学 青木 浩樹 42
胸部大動脈瘤 (病因・病態生理) 日本医科大学 圷 宏一 51
腹部大動脈瘤 (病因・病態生理) 東京大学 保科 克行ほか 58
その他の大動脈瘤 (病因・病態生理) 金沢医療センター 笠島 里美 66
マルファン症候群(類縁疾患) 国立循環器病研究センター 森崎 隆幸ほか 77
その他の遺伝性大動脈瘤・解離
-血管型エーラス・ダンロス症候群-
信州大学 古庄 知己 85
第3章 診断
急性大動脈症候群の鑑別診断 神戸市立医療センター中央市民病院 加地 修一郎 93
大動脈解離・大動脈瘤バイオマーカー 東京大学 鈴木 亨 103
画像所見 (CT/MRI) 日本医科大学 林 宏光 113
画像所見 (エコー) 川崎医科大学 大倉 宏之 119
第4章 管理・治療
大動脈解離 (急性期管理・治療) 聖路加国際病院 新沼 廣幸 130
大動脈瘤・大動脈解離治療のための画像診断 岩手医科大学 吉岡 邦浩ほか 139
大動脈解離に対する血管内治療:急性大動脈解離に対しての急性期血管内治療(ステント・フェネストレーション)の適応と実際 三重大学 加藤 憲幸ほか 150
内科治療 (予後・問題点・今後) 自治医科大学 坂倉 建一ほか 158
急性大動脈解離のリハビリテーション 済生会熊本病院 田口 英詞ほか 164
外科療法 (open aortic repair) 東京医科大学 荻野 均 171
外科治療(合併症とその予防) 東北大学 早津 幸弘ほか 178
Thoracic endovascular aortic repair (TEVAR)
 1. 総論一般 大阪大学 白川 幸俊ほか 187
 2. Complex TAA 森之宮病院 加藤 雅明 195
 3. 他科との集学的治療 大分大学 宮本 伸二ほか 202
Endovascular aortic repair (EVAR)   
 1. 総論一般 奈良県立医科大学 吉川 公彦ほか 209
 2. 胸腹部大動脈瘤に対しての(枝付)ステント治療:その進歩と適応・成績 東京慈恵会医科大学 金岡 祐司ほか 222
胸部大動脈瘤のハイブリッド治療 慶應義塾大学 志水 秀行 232
外科治療(予後・問題点) 神戸大学 松森 正術ほか 239
マルファン症候群の経過・治療・予後 
 1. 内科治療 東京大学 藤田 大司ほか 244
 2. 外科治療 聖マリアンナ医科大学 宮入 剛  253
第5章 ガイドライン
大動脈疾患治療をどう考える
-ステントか外科治療か-
三井記念病院 竹谷 剛 262

その他の循環器シリーズ
循環器1  急性心筋梗塞(改訂第2版)
循環器2   心房細動(改訂第2版)
循環器3  高血圧(改訂第2版)
循環器4  期外収縮・発作性頻拍
循環器5  慢性心不全
循環器7  急性冠症候群
循環器8  二次性高血圧
循環器9  心筋症
循環器10 閉塞性動脈硬化症
循環器11 心臓突然死
循環器12 狭心症
循環器13 弁膜疾患
循環器14 静脈血栓塞栓症・下肢静脈瘤


別冊タイトル一覧に戻る

HOME