目次

最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 48 /循環器7

急性冠症候群 (高野 照夫 編集)



 不安定狭心症や突然死、急性心筋梗塞の病態は共にプラークの破綻・血栓形成、内腔閉塞であり、これらをまとめて急性冠症候群と理解することによって治療方針が明確になりました。また、心筋トロポニンTにより微小梗塞の診断が可能になり、さらに冠動脈ステントの普及と新規抗血栓薬の開発によって安全で効率的な経皮的冠動脈インターベンションが可能になりました。その結果、急性冠症候群による死亡率は確実に低下しています。
 本書では概念、疫学から最新の診断、管理・治療まで詳細に書かれており、これ一冊で急性冠症候群のすべてが分かる内容です。 巻末の座談会では、急性冠症候群診療の課題と展望について熱く語られています。
 是非ご一読ください。

論文題名

著者所属

著者名

日本医科大学 高野 照夫
第1章 急性冠症候群の成因
概念と定義 日本大学 平山 篤志 9
病理と病態生理 岐阜大学 竹村 元三ほか 15
疫学と冠危険因子 虎の門病院 葛西 隆敏ほか 22
第2章 発症から初期治療まで
初期診断と最終診断 日本医科大学 山本 剛ほか 31
胸痛の鑑別 関西医科大学 岩坂 壽二ほか 38
心電図所見 諏訪赤十字病院 大和 眞史 49
心筋マーカー 滋賀医科大学 酒井 宏ほか 58
心エコーによる鑑別診断 桜橋渡辺病院 伊藤 浩 68
プレホスピタルケアと初期管理 日本大学 立花 栄三ほか 76
第3章 ST上昇型急性心筋梗塞の管理・治療
急性心筋梗塞症に対する再灌流療法 横浜市立大学 木村 一雄 87
薬物療法 榊原記念病院 高見澤 格ほか 97
心不全治療 福島県立大学 矢尾板 裕幸 106
重篤な不整脈への対策 東邦大学 杉 薫 114
外科治療(合併症を含む) 聖マリアンナ医科大学 幕内 晴朗 124
心筋保護対策 国立循環器病センター 朝倉 正紀ほか 136
第4章 不安定狭心症・非ST上昇型急性心筋梗塞の管理・治療
リスク層別 東京女子医科大学 森 文章ほか 144
薬物治療 慶應義塾大学 吉川 勉 155
侵襲的治療 岩槻南病院 小山 豊 164
第5章 回復期および退院後の患者管理
予後に関するリスク評価 東京女子医科大学 伊原 俊一ほか 173
心臓リハビリテーション 東海大学 及川 惠子 182
1次・2次予防 熊本大学 海北 幸一 197
第6章 特殊な診断法と治療
血管内超音波と血管内視鏡 日本医科大学 清宮 康嗣 208
核医学・MSCT・MRIの応用 東京医科大学 山田 昌央 216
心血管再生治療 京都府立医科大学 中野 律子ほか 226
第7章 急性冠症候群のガイドライン
ガイドラインの解釈 東邦大学 中村 正人ほか 238
座談会
急性冠症候群の診療に関するUp Date 日本医科大学 野 照夫 247
杏林大学 吉野 秀朗
京都大学 木村 剛
日本医科大学 高山 守正

その他の循環器シリーズ
循環器1  急性心筋梗塞 改訂第2版
循環器2  心房細動 改訂第2版
循環器3  高血圧 改訂第2版
循環器4  期外収縮・発作性頻拍
循環器5  慢性心不全
循環器6  大動脈瘤・大動脈解離 改訂第2版
循環器8  二次性高血圧
循環器9  心筋症
循環器10 閉塞性動脈硬化症
循環器11 心臓突然死
循環器12 狭心症
循環器13 弁膜疾患
循環器14 静脈血栓塞栓症・下肢静脈瘤

別冊タイトル一覧に戻る

HOME