目次

最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 5 /血液 1

血液疾患合併感染症 (正岡 徹 編集)



「心筋梗塞」は臨床上、診断・治療に急を要する極めて重要な疾患です。近年、診断、治療の研究や新しい技術開発により救命率も飛躍的に向上してきました。
 本書では「心筋梗塞」の概念から診断・治療法、治療薬などについて、各領域の経験豊富な専門家が最新情報をお届けします。
 第一線の臨床家には必読の実用書です。


論文題名

著者所属

著者名

序論 大阪府立成人病センター 正岡徹  
第1章 血液疾患合併感染症の概念・定義
概念・定義 大阪府立成人病センター 正岡徹 9
第2章 血液疾患合併感染症の病理・病態
血液疾患の易感染症 京都大学 笹田昌孝 15
Febrile neutropenia の病態 NTT関東病院 浦部晶夫 23
血液疾患合併菌血症の病理・病態 大阪市立総合医療センター 手島博文ほか 28
血液疾患合併真菌症の頻度と病態 順天堂大学 森健 36
急変を来す感染症 北里大学 栂野富輝ほか 44
血液疾患合併ウイルス感染症の頻度と病態 藤田保健衛生大学 宮崎仁ほか 51
第3章 血液疾患合併感染症の診断
全身性炎症反応症候群(SIRS)の診断 福井医科大学 岩崎博道ほか 58
培養陰性菌血症の診断 大阪府立成人病センター 烏野隆博 66
真菌症の診断 北里大学 久米光 75
造血幹細胞移植後の感染症診断:
 (1)造血細胞移植と感染症総論 名古屋第一赤十字病院 小寺良尚 85
 (2)移植後のサイトメガロウイルス感染(症)の診断 宮崎医科大学 峰松俊夫ほか 90
 (3)移植後の出血性膀胱炎の診断 大阪府立成人病センター 釜江剛ほか 104
 (4)移植後リンパ増殖性疾患の診断 名古屋第一赤十字病院 加藤剛二 113
第4章 血液疾患合併感染症の管理・治療
血液疾患治療時の感染管理 東京大学 神田善伸ほか 120
好中球減少時の感染症治療薬の選択 近畿大学 長谷川廣文 131
Febrile neutropeniaの治療(ガイドライン) 福岡大学 田村和夫 140
全身性炎症反応症候群(SIRS)の治療 癌研究会附属病院 林泉ほか 148
真菌症の予防と治療 帝京大学 吉田稔 159
造血幹細胞移植時の感染管理-ガイドラインを中心に- 慶應義塾大学 岡本真一郎 167
造血幹細胞移植時のヘルペスウイルス感染症の予防と治療 大阪府立成人病センター 三井秀紀 175
造血幹細胞移植時のサイトメガロウイルス感染症における抗ウイルス薬の予防投与と早期投与 九州大学 権藤久司 180
造血幹細胞移植後の出血性膀胱炎の治療 愛知がんセンター病院 宮村耕一ほか 192
造血幹細胞移植後のEBウイルス関連リンパ増殖性疾患の治療 金沢大学 山崎宏人ほか 201
健保審査と血液疾患合併感染症 大阪大学 冨山佳昭 208
座談会 血液疾患合併感染症治療-最近の話題-
  福岡大学 田村和夫  213
  金沢大学 塩原信太郎  

(司会)

大阪府立成人病センター 正岡徹  

その他の血液シリーズ
血液2 骨髄異形成症候群
血液3 慢性骨髄性白血病
血液4 急性白血病
血液5 潜伏感染ウイルスによる血液疾患病
血液6 静脈血栓症・肺塞栓症とDIC

別冊タイトル一覧に戻る

HOME