目次

最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 59 /代謝5

肥満症 (松澤 佑次 編集)



 肥満と肥満症は違います。肥満症は治療を必要とし、減量治療によって病態が改善するか、進行を阻止できます。肥満症は急激に増加しており、肥満症の病態としてのメタボリックシンドロームが注目され、2008年から特定健診・特定保健指導が始まりました。
 肥満症研究は日本が世界をリードしています。アディポサイエンスという新しい分野が開拓され、肥満症はもとより、その先にある脳梗塞、心筋梗塞の予防・治療がエビデンスに基づき行われるようになりました。
 巻末の座談会では、肥満と肥満症の違いをよく認識したうえで日常の健診、診療、保健・栄養指導を行うことの重要性について話し合われています。
 是非ご一読ください。

論文題名

著者所属

著者名

住友病院 松澤 佑次
第1章 概念・定義と疫学
肥満と肥満症の定義 東京逓信病院 宮崎 滋 9
疫学-我が国の特徴- 青森県立保健大学 吉池 信男ほか 16
第2章 病因と病態生理
食欲コントロールシステムとその異常 大分大学 吉松 博信 24
エネルギー消費と肥満 天使大学 斉藤 昌之 36
肥満遺伝子 京都医療センター 佐藤 哲子ほか 46
肥満合併症とアディポサイトカイン 大阪大学 中川 靖彦ほか 58
脂肪細胞の質的異常による肥満症 日本生命保険健康管理所 藤岡 滋典 73
脂肪細胞の量的異常による肥満症 東邦大学 山口  崇ほか 80
第3章 診断
肥満症の分類とガイドライン みどり健康管理センター 徳永 勝人 89
肥満症の診断基準 大阪大学 中村 正 96
遺伝性肥満をめぐる最近の進歩 京都大学 益崎 裕章ほか 102
脂肪分析法 川崎病院 善積 透 110
第4章 管理・治療
肥満治療の目的と考え方 千葉大学 齋藤 康 120
食事療法 神奈川県立保健福祉大学 倉貫 早智ほか 125
運動療法 愛知学院大学 佐藤 祐造 131
外科療法 大分大学 太田 正之ほか 139
肥満症の薬物療法をめぐる最近の展望 京都大学 益崎 裕章ほか 146
メタボリックシンドロームと特定保健指導 あいち健康の森健康科学総合センター 津下 一代 153
医療経済 みどり健康管理センター 徳永 勝人 167
座談会
肥満症の正しい理解とその対策 住友病院 松澤 佑次 173
京都大学 中尾 一和
千葉大学 齋藤 康
東京逓信病院 宮崎 滋

その他の代謝シリーズ
代謝1 高脂血症 改訂第2版
代謝2 糖尿病 改訂第2版
代謝3 糖尿病合併症
代謝4 高尿酸血症・痛風


別冊タイトル一覧に戻る

HOME