目次
最新医学別冊新しい診断と治療のABC 69 /循環器12

狭心症 (永井 良三 編集)



 高齢者と生活習慣病の増加に伴って狭心症患者が増加しているが,その診断は難しく,症状の多彩さを数多く経験していないと診断を誤ることもある.治療法の進歩は目覚ましく,冠動脈インターベンション(PCI)により生命予後は大きく改善したが,糖尿病などでは冠動脈バイパス術(CAGB)の方が予後を改善するという報告もあり,専門家でも議論が多い.また狭心症をはじめとした冠動脈イベントの予防にはスタチンの有効性が確立しているものの,我が国の2次予防データは無く今後の臨床研究が待たれるところである.
 本書では狭心症の診断,治療を含めエビデンスの読み方や日常診療のポイントなど最新の情報を提供しました.巻末の座談会では,狭心症治療の考え方と治療の実際について熱心に語られています.
 この分野の成書として是非ご一読ください.

論文題名

著者所属

著者名

東京大学 永井 良三
第1章 概念・定義と疫学
狭心症の疾患概念 東京大学 今井 靖ほか 9
狭心症の疫学 東京大学 興梠 貴英 17
第2章 病理・病態生理
冠循環・心筋虚血の発生機序 東北大学 安田 聡ほか 27
動脈硬化の病理 大阪市立大学 橘 真由美ほか 35
冠動脈イメージングがとらえる冠動脈病変 和歌山県立医科大学 谷本 貴志ほか 44
冠攣縮 東京慈恵会医科大学 南井 孝介ほか 53
第3章 診断
診断・検査の進め方 大阪医科大学 鈴木 秀治ほか 65
安静時心電図・運動負荷心電図 JR東京総合病院 安喰 恒輔 76
心エコー 神戸大学 田中 秀和ほか 86
核医学検査 北海道大学 吉永恵一郎ほか 95
冠動脈CT・MRI 黒沢病院 佐藤 裕一ほか 108
冠動脈造影 三井記念病院 原 弘典ほか 120
第4章 管理・治療
管理・治療の進め方 長崎大学 古賀 聖士ほか 130
狭心症に対する薬物療法 東京大学 山下 尋史 136
狭心症に対する経皮的冠動脈形成術 東海大学 伊苅 裕二 146
狭心症に対する冠動脈バイパス手術 三井記念病院 宮入 剛 161
不安定狭心症と判断したら 国立循環器病研究センター 小谷 順一 170
第5章 ガイドライン
日本循環器学会 ガイドライン 岐阜大学 西垣 和彦 178
欧米のガイドライン(ACC/AHA/ESC) 自治医科大学 荒尾憲司郎ほか 188
第6章 総合医と研修医のためのエビデンスの読み方
薬物療法か?血行再建か? 虎ノ門病院 石綿 清雄 201
狭心症に対する血行再建 PCIか?CABGか? 榊原記念病院 浅野 竜太 214
狭心症に対する血行再建 DESか?BMSか? 順天堂大学 宮内 克己 225
第7章 総合医と研修医のための日常診療ポイント
初診におけるアセスメントと緊急時の対応 MTT関東病院 古屋 俊宏ほか 236
循環器専門医にコンサルトするとき 帝京大学 上妻 謙 242
座談会
狭心症治療の考え方と治療の実際 東京大学 永井 良三 249
水野成城クリニック 水野 健彦
東海大学 伊苅 裕二
三井記念病院 宮入 剛

その他の循環器シリーズ
循環器1  急性心筋梗塞 改訂第2版
循環器2 心房細動 改訂第2版
循環器3 高血圧 改訂第2版
循環器4 期外収縮・発作性頻拍
循環器5 慢性心不全
循環器6 大動脈瘤・大動脈解離 改訂第2版
循環器7 急性冠症候群
循環器8 二次性高血圧
循環器9 心筋症
循環器10 閉塞性動脈硬化症
循環器11 心臓突然死
循環器13 弁膜疾患
循環器14 静脈血栓塞栓症・下肢静脈瘤

別冊タイトル一覧に戻る

HOME