目次

最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 74 /神経5

てんかん (辻 貞俊 編集)



 てんかんは精神疾患の中では予後の良い大脳の病気であり,抗てんかん薬内服治療で患者の約70%はてんかん発作が消失すると言われている.我が国のてんかん患者数は100万人ほどと推定され,もはやcommon diseaseであり,一般診療でもてんかん患者を診る機会の多い重要な疾患である.その一方,てんかんを持つ人による車運転中の悲惨な交通事故も見られ,てんかんに対する誤解や偏見が見られることも事実である.
 本誌では最新の診療ガイドラインに基づき,てんかんの概念・定義と疫学,分類,病理・病態生理,診断・管理・治療について,てんかん診療の第一線の先生方に執筆頂きました.
 研究・診療において大きな変化と進歩のみられるてんかん診療の成書として是非ご一読ください.

論文題名

著者所属

著者名

産業医科大学 辻 貞俊
眼で見るてんかん 産業医科大学 辻 貞俊  
第1章 概念・定義、疫学、分類
てんかん治療・研究の世界の動向 やまびこ医療福祉センター 田中 達也 15
概念・定義 京都大学 池田 昭夫 21
疫学 静岡てんかん・神経医療センター 荒木 邦彦ほか 32
分類 九州大学 飛松 省三 40
第2章 病理・病態生理
病態生理 日本医科大学 丸 栄一ほか 50
病因 静岡てんかん・神経医療センター 高橋 幸利ほか 60
病理 国立精神・神経医療研究センター 伊藤 雅之 72
第3章 診断
診断 東京女子医科大学 坂内 優子 83
検査所見 九州大学 重藤 寛史 92
画像所見 東京医科歯科大学 前原 健寿 102
鑑別診断 日本大学 大石 実 111
遺伝子診断 弘前大学 菅原 貴征ほか 119
第4章 治療・管理
コンプライアンス・日常生活指導 国立精神・神経医療研究センター 市川 暁ほか 125
成人てんかん薬物療法 三重大学 岡田 元宏 134
小児・思春期てんかん薬物療法 国立精神・神経医療研究センター 須貝 研司 141
高齢者てんかん 産業医科大学 山野 光彦ほか 154
難治てんかん 虎の門病院 野沢 胤美 163
てんかん重積状態 音成クリニック 音成 龍司 176
抗てんかん薬の副作用 福島県立医科大学 榎本 雪ほか 184
妊娠可能年齢女性のてんかん 獨協医科大学 平田 幸一ほか 193
心因性発作と精神症状 愛知医科大学 兼本 浩祐 201
補助療法(ケトン食療法) 東京女子医科大学 伊藤 進ほか 208
外科治療 西新潟中央病院 亀山 茂樹 218
迷走神経刺激療法 東京大学 川合 謙介 226
てんかんの経過 郡山女子大学 藤原 建樹 235
災害時の対応 東北大学 中里 信和ほか 244
福祉・医療制度 大阪大学 永井 利三郎 251
自動車運転免許 東京医科歯科大学 松浦 雅人 261
第5章 ガイドライン
ガイドライン 産業医科大学 赤松 直樹ほか 271

その他の神経シリーズ
神経1 脳卒中診療Update 脳血管障害改訂第2版
神経2 頭痛 改訂第2版
神経3 アルツハイマー型認知症 改訂第2版
神経4 パーキンソン病
神経6 末梢神経障害
神経7 神経関連感染症


別冊タイトル一覧に戻る

HOME