要旨
最新医学 別冊 新しい診断と治療のABC 28/循環器4
期外収縮・発作性頻拍



第1章 期外収縮・発作性頻拍の概念・定義と疫学
概念・定義

湯本 晃久   岡山大学大学院医歯学総合研究科循環器内科
大江  透   岡山大学大学院医歯学総合研究科循環器内科 教授

要旨
 日常臨床で遭遇する期外収縮,発作性頻拍は多岐にわたる.急を要す場面もあり,迅速な判断を下すためには必要とされる知識も多く求められる.特に発作性頻拍は,上室性,心室性それぞれにさまざまな不整脈が存在し,さらに基礎疾患,血行動態に応じ治療法が変わってくるために,その診断は重要である.ここではそれらの不整脈の定義・概念について述べてみた.諸先生方の知識の整理にお役立ていただければ幸いである.

目次に戻る



第1章 期外収縮・発作性頻拍の概念・定義と疫学
疫 学

新  博次   日本医科大学付属多摩永山病院内科・循環器内科 教授

要旨
 不整脈は,一般には男性で女性より多く,年齢とともにその頻度は増加する.期外収縮では上室期外収縮より,心室期外収縮の出現頻度が高い.また,12 誘導心電図からみた頻度と 24 時間ホルター心電図を用いた場合とでは大きく異なる.発作性頻脈の発症頻度を正確にとらえることは困難であり,その頻度は推測することになるが,発作性心房細動は無症候性のものは症候性の約 12 倍と推測される

目次に戻る



第2章 期外収縮・発作性頻拍の病理・病態生理
基礎疾患

関田  学   順天堂大学医学部循環器内科
中里 祐二  順天堂大学医学部循環器内科 助教授

要旨
 期外収縮や発作性頻拍を含め,すべての不整脈は,心筋細胞の活動電位各時相におけるさまざまな膜イオン電流の変化によって生じる.この変化を起す原因疾患が,すなわち不整脈の基礎疾患であり,それには器質的心疾患を始め,呼吸器疾患,内分泌・代謝疾患,自律神経疾患,電解質異常などの心外性疾患や,近年,解明が進んでいる心筋イオンチャネルの遺伝子異常などが挙げられる.



第2章 期外収縮・発作性頻拍の病理・病態生理
発生機序

佐々木真吾  弘前大学医学部第二内科
大和田真玄  弘前大学医学部第二内科
足利  敬一  弘前大学医学部第二内科
岩佐  篤   弘前大学医学部第二内科
奥村   謙   弘前大学医学部第二内科 教授

要旨
 期外収縮や頻脈性不整脈の多くは,リエントリー,異常自動能,撃発活動により引き起される.リエントリーは解剖学的リエントリーと機能的リエントリーに分類されるが,それぞれ ordered リエントリー,random リエントリーを形成しやすい.撃発活動の発生の元となる後電位には,早期後脱分極と遅延後脱分極の2種類がある.

目次に戻る



第2章 期外収縮・発作性頻拍の病理・病態生理
QT 延長症候群

堀江  稔  滋賀医科大学呼吸循環器内科 教授

要旨
 QT 延長症候群は心電図上,著しい QT 時間の延長と特異な多形性心室頻拍を呈する遺伝性疾患である.1990 年以降の爆発的な分子遺伝学的なアプローチにより,心筋の再分極過程をつかさどるイオン・チャネルやその調節タンパクをコードする遺伝子の変異により発症する,いわゆるチャネル病であることが判明した.最初の責任遺伝子が完全に同定されたのは 1995 年であるが,その後,続々と関連遺伝子が発見され,現時点で,8つの異なる遺伝子の多種多様な変異により,チャネル機能が変調を来し,その結果,再分極過程が遅延して生じることが,培養細胞を用いた機能解析でも示された.



第2章 期外収縮・発作性頻拍の病理・病態生理
自律神経の関与

藤木  明  富山医科薬科大学医学部第二内科 講師

要旨
 頻脈性不整脈と修飾因子の自律神経の関係はそれぞれの病態により異なり一様ではない.心機能障害例に伴う心室不整脈は交感神経緊張で増悪する.一方,Brugada 症候群では迷走神経緊張が発作の誘因となる.自律神経の緊張は日々刻々変動して発作との関係が変化する.自律神経の緊張を評価する複数の指標を利用して,それぞれの頻脈性不整脈の病態と自律神経の関係が明らかにされつつある.それらを基に,修飾因子である自律神経系を調節することで発作が回避できる可能がある.



第3章 期外収縮・発作性頻拍の診断
診断・検査の進め方

鎌倉 史郎  国立循環器病センター心臓血管内科 医長

要旨
 不整脈の症状として動悸,めまい,失神,胸部不快などがあるが,詳細な問診と身体所見により,不整脈の種類をある程度特定できる.不整脈の診断には心電図が最も有用であり,P波と QRS 波の関係やその形態から,頻拍機序や起源,重症度をかなり正確に診断できる.



第3章 期外収縮・発作性頻拍の診断
幅の広い QRS 波の鑑別

清水 昭彦  山口大学医学部保健学科 教授
井上 宣子  周南市立新南陽市民病院循環器内科

要旨
 心電図にて幅の広い QRS 波形を呈する原因としては,洞調律を始めとする上室性の調律・期外刺激・頻拍のもとに脚ブロック,心室内伝導障害,WolffミParkinsonミWhite(WPW)症候群あるいは Mahaim 束,心室内変行伝導などを伴う場合と,心室性起源の期外収縮・頻拍がある.特に,頻拍の場合にはそれが上室性起源か心室性起源かを鑑別することは治療方針を決定するうえでも重要である.そこで,本項では幅の広い QRS 波を呈する疾患といわゆる“wide QRS tachycardia”の鑑別を中心に概説する.



第3章 期外収縮・発作性頻拍の診断
ホルター心電図

田邉 晃久  東海大学医学部循環器内科学 教授

要旨
 ホルター心電図法では,期外収縮においては診断のほかに定量的解析から発生数や日内での発生分布の把握,抗不整脈薬の薬効評価などが可能である.上室頻拍については心房期外収縮の連発,すなわち心房頻拍はしばしば検出されるが,記録時間の制約のため発作頻度の低い有症候性回帰性上室頻拍を捕捉することはまれである.心室頻拍は,基礎疾患の有無にかかわらず SHORT RUN 型心室頻拍として検出されることが多い.心室頻拍については,基礎疾患・病態がある場合や心機能低下がある場合には可及的速やかに対応すべきである.



第3章 期外収縮・発作性頻拍の診断
電気生理検査:
(1)上室頻拍

鈴木 文男   (財)結核予防会複十字病院健康管理センター センター長
結城 暢一   独立行政法人国立病院機構大阪医療センター消化器科 医長

要旨
 現在ではアブレーションが上室頻拍の第一選択の治療法となっているため,心臓電気生理検査が上室頻拍の診断のみを目的として行われることは少なく,多くがアブレーション治療の前段階の検査として行われるようになっている.  まれなタイプを除くと,上室頻拍の大部分は房室結節リエントリー性頻拍(AVNRT)と Kent 束を介する房室リエントリー性頻拍(AVRT)によって占められるため,上室頻拍の電気生理検査は主として AVNRT と AVRT の鑑別のために行われている.



第3章 期外収縮・発作性頻拍の診断
電気生理検査:
(2)心室頻拍

庭野 慎一  北里大学医学部内科学U 助教授
  
要旨
 心室頻拍において,電気生理検査(EPS)はプログラム刺激や薬剤負荷で頻拍を誘発・診断する積極的な検査法である.頻拍の1次予防・2次予防いずれにおいても,治療の必要性を判断するためのリスク評価に関して EPS は他の検査法よりも感度・特異度とも優れているが,誘発される頻拍を指標とした予防治療(EPS ガイド治療)は,長期予後に関して植込み型除細動器に及ばない.臨床的には他の検査や治療と併せて応用すべきで ある.

目次に戻る



第3章 期外収縮・発作性頻拍の診断
その他の検査

手島  保   都立広尾病院循環器科
櫻田 春水  都立広尾病院循環器科 部長

要旨
 期外収縮や発作性頻拍の患者の診療においては,体表面 12 誘導心電図やホルター心電図で診断できない場合も少なからず存在する.運動負荷心電図は運動で誘発される不整脈からその病態を明らかにしたり,運動の安全性を評価するのに有用であり,加算平均心電図や T WAVE ALTERNANS(TWA)は心臓突然死の予測に有用である.こうした検査により不整脈が危険なものであるかを判定することが重要である.

目次に戻る


第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
管理・治療の基本方針

三田村秀雄  東京都済生会中央病院循環器科 副院長

要旨
 不整脈の診療にあたっては,まずその緊急度を把握し,常に最悪のシナリオを意識する.緊急性がないと分かれば,次に診断が正しいか,治療の必要性はあるのか,といった点を吟味する.また,不整脈の原因あるいは修飾因子といった不整脈発生機序の上流の治療についても考慮する.こうしてどうしても抗不整脈治療が必要と判断されたら,初めて薬物や非薬物療法を選択する.そして治療中,治療後も安全への配慮を欠かさないことが重要である.

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
薬物療法:
(1)薬剤の選択基準

杉   薫   東邦大学医学部附属大橋病院循環器内科 助教授

要旨
 抗不整脈薬を選択するには,@不整脈の種類,特に上室性不整脈か心室性不整脈の区別,A抗不整脈薬の静脈内投与か経口投与か,B不整脈発症時の状況,C器質的心疾患の有無,D器質的心疾患の種類,E心機能への影響,F年齢,G心・腎・肝機能障害の有無,H副作用の種類,I併用薬剤との相互作用,J服薬のコンプライアンス,K不整脈抑制か生命予後か,などを考慮することが必要である

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
薬物療法:
(2)薬効の評価法

高橋 尚彦  大分大学医学部生体分子構造機能制御講座
犀川 哲典  大分大学医学部循環病態制御講座 教授

要旨
 不整脈患者に薬物療法を行う際には,選択した薬剤にどのような効果を期待するかという目的を明確にしなければならない.薬効評価法には,自覚症状,12 誘導心電図,ホルター心電図,運動負荷心電図,臨床電気生理検査などがあるが,各検査の持つ臨床的意義だけでなく患者への負担も理解する必要がある.設定した治療目標が達成されたかを,個々の患者に最も適した薬効評価法によって判定することは極めて重要である.

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
薬物療法:
(3)T群抗不整脈薬の使い方

加藤 林也  名古屋掖済会病院循環器科 副院長

要旨
 T群薬は Na チャネル抑制による心筋細胞の興奮伝導抑制を主たる作用とし,さらに活動電位持続時間に及ぼす影響によりTa,Tb,Tc 群に細分類されている.また,T群薬は Na チャネル抑制以外にもKチャネルや Ca チャネル抑制,交感神経遮断やムスカリン受容体拮抗作用などさまざまな薬理作用を併せ持ち,強力な抗不整脈効果を発現する.しかし,陰性変力作用による心機能への影響と催不整脈作用のため,使用に際しては慎重な適応決定が要求される.本稿ではT群薬の使い方を不整脈薬物治療に関するガイドラインに沿って解説した.

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
薬物療法:
(4)V群抗不整脈薬の使い方

池主 雅臣  新潟大学医学部保健学科 助教授
阿原 静枝  新潟大学医学部保健学科
田邊 靖貴  新潟大学医学部第一内科

要旨
 V群抗不整脈薬はカリウム電流を抑制して活動電位持続時間を延長させるが,その他の薬理作用を併せ持っているものもある.本邦ではアミオダロン(経口),ソタロール(経口),ニフェカラント(静注)が使用でき,強力な抗不整脈効果が期待される一方で,重篤な副作用も知られている.V群抗不整脈薬を重症心室性不整脈に用いる場合は,植込み型除細動器治療も視野にいれて使用することが望まれる.

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
薬物療法:
(5)β遮断薬,Ca 拮抗薬の使い方

小林 洋一  昭和大学医学部第三内科 助教授

要旨
 β遮断薬と Ca 拮抗薬は両者とも Ca 内向き電流を抑制する.自動能亢進と triggered activity による不整脈には有効である.発作性上室性頻拍は大部分がリエントリー機序であるが,リエントリー回路に房室結節を含むので,陰性変時作用のある b遮断薬と Ca 拮抗薬が有効である.ATP 感受性心房頻拍にも有効である.心室性頻拍では ATP で停止可能な心室頻拍に有効である.左脚後枝起源の特発性心室頻拍は ATP が無効であるが,Ca 拮抗薬が有効である.

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
頻拍発作の停止方法:
(1)薬物療法

村川 裕二  帝京大学医学部附属溝口病院第四内科 教授

要旨
 抗不整脈薬により頻拍を停止するときは,頻拍のメカニズムと薬剤の薬理作用の理解が望ましいが,頻拍のメカニズムの詳細は確診できないことが多い.その場合も,発作性上室頻拍(PSVT)では頻拍回路に房室結節を含むことが多く,房室結節伝導抑制作用のあるベラパミルが著効することが多い.心室頻拍と心房細動は薬物治療の限界が大きい.カルディオバージョンやレートコントロールなど次の対策を念頭に置いた対応を要する.

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
頻拍発作の停止方法:
(2)非薬物療法

梅村  純  榊原記念病院循環器内科 部長

要旨
 発作性頻拍症の治療では自覚症状,バイタルサインを観察し,どのような方法で停止させるのが最も適切かを判断する.頻拍が上室性であれば迷走神経刺激により停止できる可能性があるが,心室頻拍で血圧の低い例では早期の電気的除細動を行うべきである.医師は,これらの方法について熟知しておく必要がある.また,停止後に徐脈を認める例も少なくないので,徐脈に対する対応(薬剤,体表ペーシングなど)の準備も必要である.

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
非薬物療法:
(1)カテーテルアブレーション:@上室頻拍

平尾 見三  東京医科歯科大学大学院医療学総合研究科
           循環制御内科学(循環器内科)助教授

要旨
 上室頻拍の大半は薬剤無効などの適応があれば,カテーテルアブレーションは有用な根治手段である.房室結節性リエントリー性頻拍,WolffミParkinsonミWhite(WPW)症候群,心房粗動は臨床的に頻度の高い上室頻拍であるが,いずれにおいてもアブレーションにより満足のいく治療効果が期待できる.心房頻拍は発生機序・発生部位が多様であり,3次元心腔内画像を得られる electroanatomical マッピングシステムを用いるなどの工夫を要する.

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
非薬物療法:
(1)カテーテルアブレーション:A心室頻拍

相澤 義房   新潟大学大学院医歯学総合研究科器官制御医学講座(第一内科) 教授
古嶋 博司 
  新潟大学大学院医歯学総合研究科器官制御医学講座(第一内科)

要旨
 持続性心室頻拍(VT)の治療法選択は,器質的心疾患の有無や心機能,頻拍時の血行動態により異なる.ベラパミル感受性特発性心室頻拍や右室流出路起源の特発性心室頻拍は,カテーテルアブレーション(CA)の成功率が高く,良い適応となる.一方,器質的心疾患を有する VT では CA が困難な例も多い.再発することの多いこれらの VT では,植込み型除細動器(ICD)が予後を改善することができる.したがって,CA は ICD の補助的な治療として位置づけられる.しかし,ICD 植込み後の VT 発作のコントロールに CA が有効なことがある.近年,血行動態が不良な症例に対しても新しいマッピング法が用いられ,VT の CA は拡大しつつある.本稿では現在の CA における治療方法と限界について述べる.

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
非薬物療法:
(2)心室頻拍の外科治療

新田  隆  日本医科大学外科学第二・心臓血管外科 助教授

要旨
 植込み型除細動器は,心臓突然死を防止する治療法であるが,その原因となる頻脈性心室性不整脈を治療するものではない.心室瘤や心不全や心筋虚血を伴った心室頻拍においては,心臓突然死の予防とともに心室頻拍に対する手術が適応となる.マップガイド下心室頻拍手術は電気生理検査所見に基づいて頻拍起源などに対して凍結凝固などを行う.Dor 手術は広範囲心内膜切除術と左室縮小形成術とを組み合わせたもので,頻拍の抑制とともに心機能の改善が得られる.

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
非薬物療法:
(3)植込み型除細動器

小林 義典  日本医科大学内科学第一 助教授

要旨
 植込み型除細動器(ICD)は臨床試験の結果を受けて適応範囲が拡大し,またデバイスの進化に伴って有効性,安全性が改善されたことにより,最近ではかなり身近な治療法になりつつある.しかし,ICD の不整脈感知あるいは治療の機能は向上したが,反面そのアルゴリズムがますます複雑で難解なものになっており,デバイスそのものを生かすためにはアップデートな情報の収集が不可欠である.ICD の近年の話題を中心に解説する.

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
基礎疾患などを有する心室性不整脈の管理・治療:
(1)QT 延長症候群

清水  渉  国立循環器病センター心臓血管内科 医長

要旨
 先天性 QT 延長症候群(LQTS)では8つの遺伝子型を認め,特に LQT1,LQT2,LQT3 の各遺伝子型では心事故(失神発作,突然死)の誘因,重症度,自然経過,予後が異なることが報告され,患者の生活指導に反映されている.また,遺伝子型特異的な治療法も実践されつつある.後天性 LQTS は,抗不整脈薬などの薬剤,電解質異常,徐脈によって誘発され,Torsade de Pointes 発作時には原因の除去が第一であるが,QT 時間が正常化した後も,原因薬物などの誘因を避ける必要がある..

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
基礎疾患などを有する心室性不整脈の管理・治療:
(2)心筋梗塞と心室性不整脈

加藤 律史   埼玉医科大学循環器内科 講師
松本 万夫   埼玉医科大学循環器内科 教授

要旨
 心筋梗塞の不整脈に対する治療法は大きく変化しつつある.例えば,心筋梗塞急性期では心室期外収縮の予防にリドカイン静脈内投与が行われるのが常であったが,現在では(特に欧米では)心室頻拍・心室細動の再発予防のみに使用されるようになっている.また,慢性期には植込み型除細動器の有用性が証明され,その適応拡大が行われている.しかし,心不全死は回避できず植込み型除細動器治療の限界も指摘されている.心筋梗塞に合併する不整脈においても,その原因を治療するアップストリームアプローチが重要視されている.

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
基礎疾患などを有する心室性不整脈の管理・治療:
(3)心不全と心室性不整脈

相原 直彦   国立循環器病センター心臓内科 医長

要旨
 アンジオテンシン変換酵素阻害薬,交感神経遮断薬などの薬物治療の導入により,心不全患者の予後は改善してきたが,それでも年間死亡率は5〜10% 程度と高い.また,その半数は突然死とされ,その予知法に関してはこれといったものがなく,さらにこれまで有用とされてきたアミオダロンの効果に関しても異論が提唱されてきている.治療法としては,植込み型除細動器(ICD)以外にその予後を改善する方法はなく,また,その適応に関しても異論が多く,臨床医は治療法に難渋するとが少なくない.

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
基礎疾患などを有する心室性不整脈の管理・治療:
(4)肥大型心筋症と心室性不整脈

青沼 和隆  筑波大学大学院人間総合科学研究科病態制御医学循環器内科学 講師
山口  巖 
 筑波大学大学院人間総合科学研究科病態制御医学循環器内科学 教授


要旨
 肥大型心筋症は年間1〜1.5% の死亡率が見られるが,その約半数は心室細動を始めとした致死性不整脈によるものである.心室性不整脈の薬物治療としては,アミオダロンが最も効果的であり,他の抗不整脈薬はむしろ良くない.心室瘤形成例の持続性単形性心室頻拍の例ではカテーテルアブレーションによって根治が得られる場合もあるが,最終的には突然死蘇生例やニアミス例では植込み型除細動器の移植が必要である.

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
日常生活上の管理

神吉 秀明    慶應義塾大学医学部循環器内科
小川   聡
    慶應義塾大学医学部循環器内科 教授

要旨
 期外収縮は日常診療で頻繁にみられる不整脈であるが,その管理は基礎心疾患の有無により異なる.経過観察でよいものから,積極的に抗不整脈薬を使用すべきもの,アブレーション療法の適応となるものまで多岐にわたる.可能な限り誘因を避けるように生活指導し,時に抗不整脈薬の服薬状況を確認する.上室性頻拍については患者自身で試すことのできる停止法をはじめ発作時の対応につき十分指導しておく.心室頻拍については基礎心疾患との関連を念頭に置いて管理してゆくことが重要である.

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
心室性不整脈と生命予後

山下 武志  (財)心臓血管研究所第三研究部 部長

要旨
 心室性不整脈患者の生命予後を予測することは単純ではない.生命予後は,心機能や心不全の程度,基礎心疾患の有無や種類,さらに心室性不整脈の種類や持続時間に依存するためである.心室性不整脈の治療は,突然死予防を目的としているが,突然死は死亡の一原因に過ぎず,その意味において患者の心筋,またその心筋が置かれている環境因子をよく評価することが必要である.

目次に戻る



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
無症候性WPWの自然歴と対策

新村 一郎  新村病院 院長

要旨
  1.地域健康診断または学校心臓検診における無症候性 WPW の検出率は5〜18 人/ 10,000,経過中に症候性への移行は 10〜20%,デルタ波消失や間欠性 WPW への移行は 10〜20%(年少児ほどデルタ波消失率は高い),不整脈死は 0.0000〜0.002/patientミyear である.
 2.幼児期以降では加齢とともに WPW 検出率は上昇する(5〜6/10,000→17〜20/10,000).1回の安静時心電図(ECG)のみでは間欠性 WPW を見落とす可能性がある.
 3.無症候性 WPW 学童・生徒には運動負荷試験で頻拍(上室性頻拍:SVT,心房細動:Af)誘発の有無やデルタ波消失の有無をみることはリスク層別化に有意義である.
 4.デルタ波消失は小学低学年頃までが多いために,カテーテルアブレーション(CA)選択は原則的には小学低学年以降が望ましい.なお,頻拍発作を生じやすい思春期には適切な生活指導が重要である.
 5.無症候性 WPW の自然歴研究には個人の一生涯における経過観察可能なシステム作成が待たれる.
[注釈]本稿においては,無症状の頻拍発作のない WPW 心電図所見を有するものを単に WPW とし,頻拍発作などの症状を有するものを WPW 症候群と区別して記載した.

目次に戻る]



第4章 期外収縮・発作性頻拍の管理・治療
医療経済:薬物治療と非薬物治療

上塚 芳郎  東京女子医科大学医療・病院管理学 教授
笠貫  宏 
 東京女子医科大学循環器内科学 教授

要旨
 欧米では新しい医療技術を公費や保険で支払うか,費用対効果を考慮して導入するという姿勢がある.我が国では従来「人の命は地球より重い」というような考え方が強かった.費用対効果分析に用いられる質調整生存年(Quality Adjusted Life Year:QALY)という考え方は健康な1年を過ごすのにどれくらいのドル(円)がかかるのかといった考え方であり,価値を紙幣に置き換えて考えるわけである.このような手法には時間得失法などがある.米国では植込み型除細動器(Implantable Cardioverter Defibrillator:ICD)治療が費用対効果に優れているとの発表が相次いでいるが,我が国では果たしてどうなのかをよく考えてみる必要がある.

目次に戻る



第5章 期外収縮・発作性頻拍のガイドライン
上室期外収縮・頻拍のガイドライン

加藤 貴雄  日本医科大学内科学第一 教授

要旨
 さまざまな不整脈に対する治療適応の有無を考え,個々の症例ごとに具体的な治療法を決定する際,臨床の現場では判断のよりどころとなるガイドラインがあると便利で安心である.本稿では,日本循環器学会を始めとする関連学会の合同委員会によって作成され公表されている,最新版の薬物治療および非薬物治療に関するガイドラインを中心に,上室(性)期外収縮と上室(性)頻拍に対してどのように適用するかを解説する.

目次に戻る



第5章 期外収縮・発作性頻拍のガイドライン
心室期外収縮・頻拍のガイドライン

渡邉 英一  藤田保健衛生大学医学部循環器内科 講師
児玉 逸雄 
名古屋大学環境医学研究所循環器分野 教授

要旨
  心室性不整脈は,日常臨床上,最も多く遭遇する不整脈の一つであるが,患者背景や合併症の有無などにより対処法が大きく異なる.『不整脈治療に関するガイドライン』は不整脈治療臨床試験から得られたエビデンスと非薬物治療の進歩,および,基礎研究から得られた不整脈発生メカニズムの知見に基づいて作成された不整脈治療の指針である.本項では心室期外収縮・頻拍のガイドラインを,T.心室期外収縮・単形性非持続性心室頻拍,U.持続性心室頻拍,V.多形性心室頻拍・心室細動の3項に分類し,安全かつ有効な薬剤選択の実際について述べる.

目次に戻る