目次

最新醫學別冊 診断と治療のABC 106 

心不全  (坂田 泰史 編集)


 
 最新醫學別冊 診断と治療ABC第6弾は「心不全」です.

 急性心不全は「心臓に器質的および/あるいは機能的異常が生じて急速に心ポンプ機能の代償機転が破綻し,心室拡張末期圧の上昇や主要臓器への灌流不全を来たし,それに基づく症状や徴候が急性に出現,あるいは悪化した病態」と,慢性心不全は「慢性の心筋障害により心臓のポンプ機能が低下し,末梢主要臓器の酸素需要量に見合うだけの血液量を絶対的にまた相対的に拍出できない状態であり,肺,体静脈系または両系にうっ血を来たし日常生活に障害を生じた病態」とガイドライン上,定義されております.
 何れも心臓のポンプ機能の低下により,うっ血をはじめとした全身に病態が出現した疾患で,QOLが著しく障害されるばかりではなく,致死的患者まで極めて多彩であり,高齢化に伴い患者数の増えている重要な疾患の1つです.
 本誌では最新のガイドラインに基づき,心不全の概念・定義,病態,診断,管理・治療法を詳細にまとめました.是非ご一読ください.
 

論文題名

著者所属

著者名

序論 大阪大学 坂田 泰史
眼で見る心不全 大阪大学 大谷 朋仁 7
第1章 概念・定義と疫学
慢性心不全の概念とそのクロニクル
~急性心不全と慢性心不全は分けなければいけないか~
日本大学 加藤 真帆人 12
我が国における心不全患者の動向 海外との比較 東北大学 坂田 泰彦ほか 19
第2章 病態・病態生理
基礎疾患鑑別に必要な病理知識 国立循環器病研究センター 池田 善彦 26
心筋症の原因遺伝子 大阪大学 朝野 仁裕 35
不全心筋のメカニズム 岡山大学 中村 一文ほか 42
交感神経の役割 九州大学 岸 拓弥 50
コラム 心不全と老化 信州大学 池上 龍太郎ほか 56
第3章 診断
心不全におけるclinical profileの有用性 日本医科大学 佐藤 直樹 58
心不全のバイオマーカー 兵庫県立尼崎病院 佐藤 幸人 64
心エコーで心不全の何が分かるか 北海道大学 山田 聡 71
右心カテーテルはどのタイミングで使うべきか 大阪警察病院 樋口 義治 81
心臓核医学を用いた心不全予後予測:
心臓交感神経活性および局所心機能解析の観点から
国立循環器病研究センター 木曽 啓祐 87
コラム これからの心不全画像診断のあるべき姿 国立循環器病研究センター 中谷 敏 98
第4章 管理・治療
心不全におけるチーム医療とは 亀田総合病院 鈴木 誠 100
慢性心不全における薬物治療のエビデンス 名古屋大学 奥村 貴裕 109
急性心不全における血管拡張薬の役割 聖マリアンナ医科大学 木田 圭亮 120
上手な利尿薬の使い方 北里大学 猪又 孝元 129
強心薬は善か悪か 札幌医科大学 神津 英至  136
陽圧呼吸療法の可能性 群馬県立心臓血管センター 安達 仁 143
心不全における包括的心臓リハビリテーションについて 大阪府済生会千里病院 岡田 健一郎 152
心不全合併症としての貧血の影響 兵庫医科大学 内藤 由朗ほか 162
Structural heart diseaseの現状と未来 ハンブルグ大学 溝手 勇 170
補助人工心臓治療の現状と問題点 国立循環器病研究センター 簗瀨 正伸 177
心不全における緩和ケアとは 兵庫県立姫路循環器病センター 大石 醒悟 185
コラム めずらしい心筋症 -Only a heart isn’t everything- 日本医科大学 北岡 裕章 195
第5章 ガイドライン
これからガイドラインで使われるであろう心不全のエビデンス 東京医科歯科大学 篠岡 太郎 196


別冊タイトル一覧に戻る

HOME