目次

最新醫學別冊 診断と治療のABC 107 

血液腫瘍領域の感染症  (原田 壮平 編集)


 
 最新醫學別冊 診断と治療ABC第7弾は「血液腫瘍領域の感染症」です.

 血液腫瘍領域の疾患は造血幹細胞移植やリツキシマブやイマチニブといった分子標的治療薬の導入により,以前は不治の病と言われていた疾患ですが,治癒する患者さんも数多く見受けられるようになりました.ただ血液腫瘍領域の治療では身体の免疫を著しく低下させるため,健常者では罹らないような感染症になり,命を落とされる方も少なくありません.このように血液腫瘍の治療は原疾患だけではなく,原疾患やその治療に伴う免疫不全を背景とした感染症との闘いでもあります.
 本誌では血液腫瘍領域の感染症について,患者背景に応じた診療,個々の病原体別の臨床対応や感染症の予防などを網羅しました.
 是非ご一読ください.

論文題名

著者所属

著者名

序論 がん研有明病院 原田 壮平
MAP:眼で見る血液腫瘍領域の感染症 がん研有明病院 原田 壮平 7
第1章 患者背景に応じた感染症診療
免疫不全患者の感染症の考え方 がん研有明病院 原田 壮平 12
好中球減少患者の感染症 がん研有明病院 羽山 ブライアン 21
同種造血幹細胞移植後患者 ニューヨーク州立大学 大澤 良介 31
多発性骨髄腫の患者 がん・感染症センター都立駒込病院 関谷 紀貴 39
血液腫瘍患者に対するモノクローナル抗体の感染症リスク テキサス州立大学 森 信好 51
コラム:造血幹細胞移植後患者における感染症予防とQOL向上への対策 虎の門病院 森 有紀 67
第2章 病原体別の臨床対応
多剤耐性グラム陽性菌 地域医療機能推進機構大阪病院 中村 匡宏 69
多剤耐性グラム陰性菌 虎の門病院 荒岡 秀樹 76
カンジダ症 東京高輪病院 橘 寛貴ほか 86
侵襲性アスペルギル症ス・ムーコル感染症 国立がん研究センター中央病院 冲中 敬二 94
ニューモシスチス 群馬大学 馬渡 桃子 105
そのほかの真菌感染症 香川大学 横田 恭子 111
サイトメガロウイルスの診断と治療戦略 自治医科大学 賀古 真一 119
HSV-1,HSV-2,,VZV,HHV-6, HHV-7 自治医科大学 法月 正太郎 126
呼吸器ウイルス感染症 ラッシュ大学 岡本 耕 137
抗酸菌 東京医科大学病院 小林 勇仁ほか 145
肝炎ウイルス 国立感染症研究所 藤谷 好弘 153
コラム:血液疾患患者を対象とした監視培養の意義とは? 虎の門病院 木村 宗芳 164
第3章 感染症の予防
血液腫瘍領域における感染症予防 神戸大学 大路 剛 166
予防抗微生物薬 順天堂大学 森田 芙路子ほか 175
基本的な医療関連感染対策 聖路加国際病院 坂本 史衣 187
コラム:血液腫瘍内科医の私が、感染症科コンサルトをする5つの理由 テキサス州立大学 高橋 康一 196
第4章 血液腫瘍患者の感染症診療にかかわるその他の事項
血液腫瘍領域の非感染性肺疾患 千葉大学 櫻井 隆之 199
感染症との鑑別を要する同種造血幹細胞移植後合併症 虎の門病院 高木 伸介 208
小児の血液腫瘍患者の感染症診療における注意点 新潟大学 齋藤 昭彦 218
重症敗血症・敗血症ショックの支持療法 亀田総合病院 藤内 まゆ子ほか 225
血液腫瘍患者におけるCRP, プロカルシトニンの有用性 京都大学 土戸 康弘ほか 238


別冊タイトル一覧に戻る

HOME