目次

最新醫學別冊 診断と治療のABC 114 

慢性疼痛疾患  (田口 敏彦 編集)


 
 最新醫學別冊 診断と治療ABC第14弾は「慢性疼痛疾患」です.

 慢性疼痛疾患は大きく「侵害受容性疼痛」と「神経障害性疼痛」に分けられ,前者は末梢組織の障害が正常の知覚神経経路を伝達することで感じる痛みで,怪我や火傷,炎症性疾患による痛みなどがこれに相当し,後者は知覚神経伝達経路が障害されることにより生じる痛みになります.したがって痛みの原因が何であるかを診断することはその後の治療計画を立てる上でも非常に重要となります.
 本書では痛みの診断・評価法,薬物療法・理学療法・手術療法をはじめ,各部位からみた慢性痛の診断と治療を網羅しました.また慢性疼痛に対する海外と本邦との診療体制の実情と課題についてもまとめました.
 慢性疼痛疾患に関する成書です.是非ご一読ください.

論文題名

著者所属

著者名

序論 山口大学 田口 敏彦
MAP:眼で見る慢性疼痛疾患 山口大学 田口 敏彦 7
第1章 疾患概念と疫学
痛みの概念、定義 愛知医科大学 井上 雅之ほか 8
運動器慢性疼痛の疫学 慶應義塾大学 藤田 順之ほか 15
第2章 病理・病態生理
痛みの生理・解剖(侵害受容性疼痛) 札幌医科大学 寺島 嘉紀ほか 24
神経障害性疼痛のしくみ:熱い脊髄後角2次ニューロン 三重大学 丸山 一男ほか   30
痛みの心理:臨床における評価と対応の考え方 九州大学 細井 昌子 41
第3章 診断
慢性疼痛疾患の診断 東京大学 井上 玲央ほか 49
評価法 福島県立医科大学 二階堂 琢也ほか 58
第4章 管理・治療
薬物療法・選択基準 治療法 
 1.NSAIDs 東京大学 松平 浩ほか 66
 2.アセトアミノフェン 九州労災病院 今村 寿宏ほか 75
 3.オピオイド 獨協医科大学 山口 重樹ほか 85
 4.抗てんかん薬・抗うつ薬 順天堂大学 高橋 良佳 97
理学療法 日本福祉大学 松原 貴子 103
手術療法~脊椎脊髄疾患を中心に~ 山口大学 鈴木 秀典ほか 115
部位からみた慢性痛の診断と治療
 1.全身的な痛み 東京女子医科大学 桃原 茂樹 123
 2.頭部の痛み 獨協医科大学 鈴木 紫布ほか 139
 3.頚部の痛み 山口大学 寒竹 司ほか 151
 4.肩の痛み 群馬大学 高岸 憲二ほか 156
 5.口腔の痛み 日本大学 今村 佳樹ほか 162
 6.顔面の痛み 佐賀大学 平川 奈緒美 170
 7.腹部の痛み 名古屋大学 安藤 友一ほか 179
 8.腰部の痛み 千葉大学 大鳥 精司ほか 187
 9.上肢の痛み(肩を除く) 名古屋大学 岩月 克之ほか 198
 10.下肢関節の痛み(足を除く) 高知大学 岡上 裕介ほか 205
 11.足の痛み 奈良県立医科大学 伊東 勝也ほか 215
慢性疼痛に対する各国の診療体制の実情と我が国の課題 滋賀医科大学 福井 聖 224
我が国における慢性疼痛に対する診療体制の実情と課題 大阪大学 柴田 政彦 232


別冊タイトル一覧に戻る

HOME