目次

最新醫學別冊 診断と治療のABC 115 

高血圧  (苅尾 七臣 編集)


 
 最新醫學別冊 診断と治療ABC第16弾は「高血圧」です.

 脳卒中や心筋梗塞,そして心不全の最大のリスク因子の一つである高血圧は,高齢化が急速に進行する我が国において,認知症やCKD,高齢者フレイルの背景にも関連があり,大きな社会問題となってきております.
 またハイリスク高血圧患者を対象にしたSPRINT試験において,120 mmHg未満を目指した血圧コントロールが、140 mmHg未満を目指した標準的コントロールよりも心血管イベントや総死亡を約25%低下させることが明らかにされており,早朝から夜間を含めた24時間にわたるより厳格な血圧コントロールの重要が示唆されています.
 本書では,高血圧の診断と治療の基本と最新情報を網羅しております.
 明日からの診療に役立つ内容です.是非ご一読ください.

論文題名

著者所属

著者名

序論 自治医科大学 苅尾 七臣
MAP:眼で見る高血圧 自治医科大学 苅尾 七臣 7
第1章 概念・定義と疫学
高血圧と血圧変動Update:オーバービューと今後の展開 自治医科大学 苅尾 七臣 18
第2章 疫学とメタ解析
高血圧の疫学と1次予防 滋賀医科大学 藤吉 朗ほか 43
降圧治療のメタ解析・SPRINT試験 横浜市立大学 石上 友章ほか 51
第3章 高血圧と臓器障害の病態生理
高血圧の病因 大阪大学 中神 啓徳ほか 60
交感神経系の役割(血圧変動と体液調節) 九州大学 廣岡 良隆 67
レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の役割 愛媛大学 檜垣 彰典ほか 73
血圧変動増大とその臓器障害機序 久留米大学 甲斐 久史   84
中心血行動態の臓器障害機序 東北大学 橋本 潤一郎 93
コラム:高血圧に対するデバイス治療 九州大学 岸 拓弥 101
第4章 診断
診断+検査 自治医科大学 星出 聡 102
鑑別診断(二次性高血圧) 東北大学 佐藤 文俊ほか 109
高血圧に合併する血管障害の診療 東京医科大学 冨山 博史 121
心臓評価 鹿児島大学 窪薗 琢郎ほか 129
脳・脳血管の評価 自治医科大学 藤本 茂 136
高血圧診療における腎臓評価 川嵜医科大学 長洲 一ほか 147
コラム:LCZ696 ~新たな薬剤angiotensin receptor-neprilysin inhibitor(ARNi)~ 熊本大学 向山 政志 154
第5章 管理・治療
高血圧に対する管理・治療の基本方針 獨協医科大学 石光 俊彦ほか 156
高血圧に対する非薬物療法 製鉄記念八幡病院 土橋 卓也 167
薬物療法-降圧薬の選択基準,糖尿病・CKD合併例など- 慶應義塾大学 田中 正巳ほか 175
降圧薬の特徴と使い方
 1.カルシウム拮抗薬 旭川医科大学 竹内 利治ほか 183
 2.RA系抑制薬 北里大学 石井 俊輔ほか 192
 3.利尿薬 -高血圧における使い方- 東京大学 下澤 達雄 198
 4.交感神経抑制薬・その他 近畿大学 有馬 秀二 205
治療抵抗性高血圧、コントロール不良高血圧の治療 琉球大学 中村 卓人 212
コラム:走り出したSGLT2 阻害薬のこれから 佐賀大学 田中 敦史ほか 221
第6章 ガイドライン
本邦のガイドラインの特徴と各国比較・今後の展望 大阪大学 山本 浩一ほか 223


別冊タイトル一覧に戻る

HOME