目次

最新醫學別冊 診断と治療のABC 128 

肥満症  (横手 幸太郎 編集)


 
 最新醫學別冊 診断と治療ABC第28回は「肥満症」です.

 2型糖尿病や脂質異常症,高血圧といった疾患の最上流因子と言われる肥満は,BMI 25kg/m2と定義されており,その中でも医学的に減量治療が必要な健康障害を伴う疾病として肥満症が定義されています.
 さらにBMI 35kg/m2以上を高度肥満とし,治療すべきものを高度肥満症と定義されています.肥満症では体重を減らすことが重要ですが,肥満症に合併する健康障害を軽減あるいは予防することが重要です.
 本誌では肥満症の概念,病態生理をはじめ,食事療法・運動療法・行動療法・薬物療法・外科療法といった治療法や肥満症に合併する各種疾患・健康障害についても網羅しております.すぐに役立つ情報が満載しております.
 是非ご一読ください.

論文題名

著者所属

著者名

序論 千葉大学 横手 幸太郎
眼で見る肥満症 千葉大学 横手 幸太郎
第1章 概念と診断・疫学
肥満症の概念と診断 川崎病院 中村 正
肥満・肥満症の評価 九州大学 木村 真一郎ほか
肥満症の疫学 国立循環器病研究センター 宮本 恵宏
第2章 病態生理
内臓脂肪 大阪大学 長尾 博文ほか
サルコペニアと異所性脂肪 神戸大学 平田 悠ほか
コラム:肥満症と腸内細菌 慶應義塾大学 入江 潤一郎ほか
第3章 肥満症の治療
肥満症の食事療法 岩手医科大学 石垣 泰
肥満症の運動療法 慶應義塾大学 勝川 史憲
肥満症の行動療法 大分大学 加隈 哲也ほか
肥満症の薬物療法 宮崎大学 中里 雅光
肥満症の外科療法 草津総合病院 山本 寛
コラム:肥満症とがん 埼玉医科大学 野田 光彦
第4章 肥満症に合併する健康障害と治療
耐糖能障害(2型糖尿病・耐糖能異常) 東京大学 庄嶋 伸浩ほか
脂質異常症 金沢医科大学 小林 淳二
高血圧 札幌医科大学 齋藤 重幸
高尿酸血症 琉球大学 益崎 裕章ほか
冠動脈疾患・心筋梗塞・狭心症 鹿児島大学 吉野 聡史ほか   
脳梗塞(脳血栓症・一過性脳虚血発作) 東京女子医科大学 関 美沙ほか   
非アルコール性脂肪性肝疾患 新潟大学 寺井 崇二
女性の肥満と健康障害 愛知医科大学 若槻 明彦
睡眠時無呼吸症候群・肥満低換気症候群 京都大学 陳 和夫
運動器疾患 東邦大学 山口 崇ほか
肥満関連腎臓病 岡山大学 北川 正史ほか
コラム:高度肥満症治療の問題点-肥満症難民をどう救うか- みはま病院 白井 厚治
第5章 ガイドライン
肥満症診療ガイドライン2016の概要 結核予防会 宮崎 滋


別冊タイトル一覧に戻る

HOME