目次

最新醫學別冊 診断と治療のABC 131 

肝硬変  (坂井田 功 編集)


 
 最新醫學別冊 診断と治療ABC第31回は「肝硬変」です.

 肝硬変とは種々の原因で生じる慢性に経過する肝疾患の終末病変で,臨床的には黄疸,腹水,肝性脳症などの肝機能不全および食道・胃静脈瘤などの門脈圧亢進症が主な症状です.また肝硬変は発がんポテンシャルが高い状態にあることもよく知られています.
 本誌では肝硬変の概念・疫学・病態生理や各種診断法,B型肝炎ウイルス,C型肝炎ウイルスに起因する肝硬変やアルコール性肝硬変,NASHに起因する肝硬変などそれぞれの治療法,肝再生療法や肝移植といった新規治療法,さらには胃食道静脈瘤に代表される合併症への対策など肝硬変の最新の診断・治療法を網羅しております.
 是非ご一読ください.


論文題名

著者所属

著者名

序論 山口大学 坂井田 功
眼で見る肝硬変 山口大学 瀬川 誠
第1勝 概念
概念・定義 久留米大学 鹿毛 政義
疫学と成因 愛媛大学 日浅 陽一
第2章 病態生理
肝線維化 大阪市立大学 湯川 芳美
循環動態 山口大学 岩本 拓也
コラム:肝中心静脈閉塞症(VOD)/静脈閉塞性肝疾患(SOS) 山口大学 石川 剛
インスリン抵抗性 久留米大学 川口 巧
サルコペニア 兵庫医科大学 西口 修平
腸内細菌叢 奈良県立医科大学 鍛治 孝祐
第3章 診断
肝線維化マーカー 日野病院 孝田 雅彦
超音波組織弾性イメージング 兵庫医科大学 飯島 尋子
MRエラストグラフィー 横浜市立大学 中島 淳
第4章 治療
B型肝炎ウイルス感染に起因する肝硬変に対する薬物療法 長崎医療センター 八橋 弘
C型肝炎ウイルス感染に起因する肝硬変に対する薬物療法 大阪大学 竹原 徹郎
アルコール性肝硬変に対する治療 山王メディカルクリニック 堀江 義則
非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)に起因する肝硬変に対する治療 東京女子医科大学 橋本 悦子
栄養療法 岐阜大学 清水 雅仁
コラム:亜鉛代謝異常とその対策 大阪国際がんセンター 片山 和宏
コラム:肝再生療法 山口大学 高見 太郎   
肝移植 山口大学 永野 浩昭   
第5章 合併症とその対策
胃食道静脈瘤の内視鏡治療 福島県立医科大学 小原 勝敏
胃食道静脈瘤のIVR治療 山口大学 松田 崇史
腹水 新潟大学 寺井 崇二
肝性脳症 武蔵野赤十字倉院 遠藤 啓
こむら返り 武蔵野赤十字病院 中西 裕之
皮膚掻痒症 東京医科大学 松崎 靖司
血小板減少症 北里大学 日高 央


別冊タイトル一覧に戻る

HOME