バックナンバーの紹介注文

目次

最新医学54巻9月増刊号

特集 臨床遺伝子学'99−免疫研究の最前線−

論文題名

著者所属

著者名

通巻頁

序論 大阪大学 平野 俊夫 2125
アプローチ:免疫研究の進展と臨床への応用 東京都臨床医学総合研 烏山 一 2128
[リンパ球の発生・分化]      
プレB細胞受容体による免疫グロブリン遺伝子再構成の制御 東京都臨床医学総合研 真木 一茂、他 2136
IL-7受容体によるTCRγ遺伝子組換えの調節 京都大学 生田 宏一 2145
胸腺細胞の選択シグナル 徳島大学 高浜 洋介 2154
B細胞分化におけるPI3−キナーゼの役割 慶應義塾大学 鈴木 春巳 2162
腸管上皮細胞間リンパ球(IEL)の発達分化 (株)ヤクルト 南野 昌信、他 2168
胚中心B細胞における免疫グロブリン遺伝子の再構成 岡山大学 大森 斉、他 2176
[リンパ組織の構築機構]      
Peyer板の形成機構について 京都大学 吉田 尚弘 2184
リンホトキシンとリンパ組織形成 徳島大学 松本 満 2195
胚中心形成とBCL-6 千葉大学 徳久 剛史 2204
[免疫応答における細胞内情報伝達機構]      
免疫系におけるIRFの役割 東京大学 小笠原 康悦 2210
リンパ球活性化に関与するアダプター分子 関西医科大学 石合 正道、他 2220
抗原受容体を介したリンパ球活性化の負の制御 九州大学 末松 佐知子、他 2227
T細胞抗原受容体を介するシグナル伝達の制御機構 千葉大学 山崎 晶、他 2239
GEM/Raftを介するリンパ球活性化機構 大阪大学 小杉 厚 2245
Ras/MAPキナーゼカスケードによるTh1/Th2細胞の分化制御 千葉大学 山下 政克、他 2256
CD40シグナルと免疫応答 大阪大学 安居 輝人 2267
gp130を介するシグナル伝達と免疫応答 大阪大学 石原 克彦、他 2274
サイトカインシグナルの制御機構−CIS/SOCS/SSIファミリーを中心に− 久留米大学 吉村 昭彦、他 2286
T細胞抗原受容体下流の新たなGrb2ファミリー分子 東北大学 浅田 洋司、他 2298
自然免疫とTollシグナル 大阪大学 審良 静男 2306
[免疫系におけるアポトーシスの制御とその異常]      
Fas誘導アポトーシスにおいてカスパーゼ8の活性化を制御する新規分子FLASH 京都大学 米原 伸 2314
アポトーシスにおけるキナーゼASK 1の役割 東京医歯大 井下 聖司、他 2321
[抗原プロセシング・認識と腫瘍免疫]      
免疫プロテアソームとハイブリッド型プロテアソーム−内在性抗原のプロセシング酵素− 東京都臨床医学総合研 田中 啓二 2330
腫瘍抗原ペプチドと免疫応答 岡山大学 中山 睿一、他 2337
NK細胞の標的認識機構 千葉大学 荒瀬 尚 2345
第4のリンパ球系列−NKT細胞の機能 千葉大学 河野 鐵、他 2352
抗腫瘍免疫療法における樹状細胞 京都大学 高原 和彦、他 2360
[免疫疾患の最近の話題]      
Btkと免疫不全 大阪大学 山鳥 大材、他 2368
自己免疫性関節炎自然発症マウス 京都大学 坂口 志文 2374
アトピーモデルマウス、NC/Nga 東京農工大学 千葉 理恵子、他 2382
サイトカインと自己免疫 東京医歯大学 宮坂 信之 2389
ケモカイン受容体とHIV感染 大阪府立母子保健総合医療センター 長澤 丘司 2397
ヒトヘルペスウイルス8感染とBリンパ球増殖性疾患 大阪大学 西本 憲弘、他 2403