バックナンバーの紹介注文フォームへ

目次

最新医学55巻10号

特集 Fc受容体の基礎と臨床

★特集の論文題名をクリックすると要旨をご覧になれます。

注:アルファ、ベータ等のギリシャ文字は機種依存文字のため、HP上ではアルファベット(alpha,beta,etc)で表示しております。(本誌ではギリシャ文字です)

論文題名

著者所属

著者名

通巻頁

序論 東北大学 高井 俊行

2271

[アプローチ]      
Fc受容体の基礎研究はどこまで臨床に生かされているか 東北大学 高井 俊行

2273

[基礎]      
Fc受容体遺伝子の発現制御とその臨床的意義 順天堂大学 西山 千春、他

2280

Fc受容体シグナル伝達に関与するアダプター分子 東京理科大学 後飯塚 僚

2287

IgMとIgAに対する新しいFc受容体の発見 筑波大学 坂本 典久、他

2296

自己免疫とFc gamma RIIB制御領域多型 順天堂大学 広瀬 幸子、他

2303

Fc受容体と自己免疫疾患モデルマウス 東北大学 中村 晃、他

2310

Fc受容体と腫瘍免疫 東北大学 小野 栄夫、他

2316

[臨床]      
ヒトFc gamma受容体の多型と自己免疫疾患 東京大学 土屋 尚之

2322

Fc gamma受容体遺伝子多型と歯周炎感受性 新潟大学 小林 哲夫、他

2329

自己免疫疾患の発症におけるFc受容体の役割 千葉大学 浜野 有記、他

2336

糸球体腎炎におけるFc受容体の役割 順天堂大学 鈴木 祐介、他

2345

肺のアレルギー・免疫疾患におけるFc受容体の役割 名古屋大学 長谷川好規

2353

ヒト好塩基球のFc受容体による制御 岡山大学 谷本 安、他

2359

ヒトマスト細胞の大量培養とFc epsilon RI発現調節 京都大学 中畑 龍俊

2366

       
       
       
エッセー      
ターミナルケアのはなし(2)      
自己開示 大阪大学 柏木 哲夫

2376

       
連載      
診断・治療のガイドラインとその問題点(19)      
解説:性感染症のガイドライン 産業医科大学 松本 哲朗

2379

資料:臨床統計(19) −性感染症− 京都大学 泉 孝英

2385

対談:性感染症のガイドラインをめぐって 産業医科大学
京都大学
松本 哲朗泉 孝英

2386

       
トピックス      
自然免疫系による病原体認識機構 大阪大学 竹田 潔、他

2397

HNF遺伝子異常と糖尿病 大阪大学 山縣 和也、他

2403

糖尿病発症におけるGIPの役割 京都大学 山田祐一郎

2407

       
総説      
CEACAMとPSG−CEAファミリーの新しい名称と機能− 福岡大学 黒木 求、他

2412

バックナンバー一覧のページに戻る