バックナンバーの紹介

目次

最新医学55巻8号(絶版売切)

特集 肝線維化の分子機構−肝硬変治療の新戦略−

★特集の論文題名をクリックすると要旨をご覧になれます。

論文題名

著者所属

著者名

通巻頁

[序論]      
線維化研究−過去、現在、未来− 東海大学 岡崎 勲

1723

[アプローチ]      
究極の目的−線維化改善への治療法の開発− 東海大学 岡崎 勲、他

1725

[マトリックス研究のニューウェーブ]      
コラーゲンのニューフェース 岡山大学 米澤 朋子、他

1735

肝におけるヒアルロン酸の動態 愛知医科大学 矢田 俊量、他

1744

MMP/TIMPのカスケード 慶應義塾大学 中村 博幸、他

1751

[肝線維化病態の分子生物学的解明]      
肝星細胞の増殖・活性化・運動・接着 久留米大学 上野 隆登、他

1759

肝星細胞の活性化とレチノイド 岐阜大学 秋田 國治、他

1765

コラーゲン産生の遺伝子制御 国立金沢病院 稲垣 豊

1771

肝星細胞におけるマトリックスメタロプロテアーゼ-1遺伝子発現の制御機構 東海大学 朴沢 重成、他

1776

トランスジェニックマウスによるTIMP-1の線維化促進機序 奈良県立医大 吉治 仁志、他

1781

[肝線維化の遺伝子治療]      
肝線維化・肝硬変への肝細胞増殖因子(HGF)を用いた遺伝子治療 兵庫医科大学 植木 孝浩、他

1788

肝線維化発症・進展におけるTGF betaの役割−抗TGF beta療法の有用性− 九州大学 中村 徹、他

1796

[肝線維化治療薬の分子生物学]      
インターフェロンの肝線維化抑制機構 東京大学 谷口 博順、他

1803

プロリルヒドロキシラーゼ阻害薬 山口大学 鈴木千衣子、他

1807

肝線維化の回復過程のマトリックスメタロプロテアーゼ遺伝子発現 富山医科薬科大 高原 照美、他

1812

       
       
エッセー      
脳と心臓(最終回)      
心脳卒中 朝日生命成人病研 藤井 潤

1820

       
連載      
診断・治療のガイドラインとその問題点(17)      
解説:乳腺疾患のガイドライン 金沢医科大学 牧野田 知

1823

資料:臨床統計・医療費−子宮がん・乳がん− 京都大学 泉 孝英

1829

対談:乳腺疾患のガイドラインをめぐって 金沢医科大学
京都大学
牧野田 知
泉 孝英

1830

       
トピックス      
骨髄非破壊的移植(NST) 国立がんセンター 小笠原壽恵、他

1839

B細胞特異的なアダプター分子BLNK 関西医科大学 石合 正道

1845

チロシンキナーゼ阻害薬による白血病の治療 東京大学 東條 有伸

1851

       
症例      
経過中にCA19-9が高値を示した light chain deposition diseaseの一例 県立岐阜病院 小田 寛、他

1856

バックナンバー一覧のページに戻る