目次

最新医学 58巻5号(通巻714号)

特集 プリオン病の新しい展開

論文題名

著者所属

著者名

通巻頁
序論 東京医科歯科大 水澤英洋 957
プリオン病研究の歴史と最近の進歩 国立精神・神経センター 金子清俊 959
プリオンとプリオンタンパク質 東北大学 村本環 965
プリオン病の病理概説 東京都老人総合研究所 村山繁雄ほか 973
プリオン病の分類と疫学 東北大学 志賀裕正 979
孤発性 Creutzfeldt-Jakob 病 金沢大学 山田正仁 986
Gerstmann-Straussler-Scheinker 病と遺伝性プリオン病 東京医科歯科大学 袖山信幸ほか 995
医原性プリオン病−特に硬膜移植による Creutzfeldt-Jakob 病 東大和病院 佐藤猛ほか 1001
動物のプリオン病 東京大学 佐伯圭一 1008
ウシ海綿状脳症 日本生物科学研究所 山内一也 1014
変異型 Creutzfeldt-Jakob 病 九州大学 村井弘之 1020
ヒトプリオンに高感受性を示す遺伝子改変マウスの開発 東北大学 三好一郎ほか 1026
プリオン病の早期診断−臨床症候と検査所見− 長崎大学 古川ひさ子ほか 1035
プリオン病の感染防止対策−医療の現場と行政− 横浜市立大学 鈴木ゆめほか 1041
プリオン病治療の現状と今後の展望 福岡大学 中島雅士ほか 1046
           
エッセー  
生活習慣のはなし(13) 
食習慣の変容か強化食品か-葉酸臨床の最近の話題-
女子栄養大学 香川靖雄 1052
   
対談
細胞生物学・遺伝子生物学から見た医科学の展開
(第2回)
冲中記念成人病研究所 三輪史朗 1056

(聞き手)

理化学研究所 豊島久真男
       
トピックス
FGF8 の機能と病態 自治医科大学 田中亨 1066
腸上皮化生における Cdx1 と Cdx2 の役割 自治医科大学 武藤弘行 1071
感染症と Toll-like receptor 大阪大学 竹田潔ほか 1075
総説
トロンボスポンジン-1の基礎と臨床 福岡大学 山内靖ほか 1082

HOME