目次

最新医学 60巻3号(通巻741号)

特集 免疫抑制薬-基礎と臨床-



「最新医学」3月特集は「免疫抑制薬−基礎と臨床-」です。免疫異常が発症メカニズムに関与する疾患や臓器移植における拒絶反応の制御など、免疫抑制薬は今や医療現場では欠かすことの出来ない有用な薬剤になっています。しかし、免疫抑制薬はその本来の作用から、臨床での実際の使用に際して様々な制約があり、使用には細心の注意が必要な薬剤です。
免疫抑制薬を効果的かつ安全に使用するためには、薬剤の特性、代謝過程、薬剤相互作用、副作用などを十分知ることがきわめて重要です。
 本特集では、従来から使われてきた古典的な免疫抑制薬から、最近注目されている特定の疾患治療を目的として開発された新しい免疫抑制薬までの蓄積されつつあるエビデンス、様々な領域の免疫疾患での実際の使い方、さらに、開発されつつある新しい免疫抑制薬の展望のついて、第一線の専門家が分かり易く解説しています。免疫抑制薬の基礎と実際の臨床現場の情報を網羅し、今後、更に治療領域が拡がるであろう免疫抑制薬の展望を知る上で絶好の書です。是非お読み下さい。

論文題名

著者所属

著者名

通巻頁
序論 京都大学 三森 経世 345
[アプローチ]
新イムノフィリン作用薬とスタチン薬に学ぶ創薬 東京理科大学 増保 安彦 346
[免疫抑制薬の基礎と臨床]
免疫抑制薬の分類と作用機序 東京医科歯科大学 宮坂 信之 356
シクロホスファミドとアザチオプリン 聖マリアンナ大学 山田 秀裕 362
シクロスポリンとタクロリムス 産業医科大学 田中 良哉 371
ミゾリビンとミコフェノール酸モフェチル 藤田保健衛生大学 加藤 賢一ほか 379
メトトレキサートとレフルノミド 東海大学 鈴木 康夫 383
生物学的製剤 埼玉医科大学 天野 宏一ほか 391
新しい免疫抑制薬
-スフィンゴシン1-リン酸受容体アゴニスト,FTY720-
三菱ウエルファーマ 千葉 健治 397
免疫疾患における免疫抑制剤の使い方
膠原病・リウマチ性疾患 京都大学 藤井 隆夫 404
免疫血液疾患における免疫抑制薬の使い方 北野病院 八木田正人 411
消化器免疫疾患における免疫抑制薬の使い方
-炎症性腸疾患と自己免疫性肝炎に対して-
東京医科歯科大学 久保田大輔ほか 419
多発性硬化症における免疫抑制薬の使い方 国立精神・神経センター 山村 隆 426
自己免疫性水疱症の免疫抑制療法 慶應義塾大学 江雄二郎ほか 431
自己免疫性肝疾患に対する肝移植における免疫抑制療法 京都大学 上田 幹子 437
エッセー  
解剖学者がみたミケランジェロの彫刻(15)
十字架をもつキリスト
1.風変わりな造形

金沢医科大学 篠原 治道 444
   
対談
細胞生物学・遺伝子生物学から見た医科学の展開(第24回) 理化学研究所 西川 伸一 448

(聞き手)

理化学研究所 豊島久真男
トピックス
マラリアとG6PD欠損症 自治医科大学 松岡 浩之  460
リンパ球の再循環と組織特異的な遊走制御の分子機構 大阪大学 田中 稔之 468
大気中ナノ粒子の生体影響 京都大学 内山 巌雄 476

HOME