最新医学・メタボリックシンドローム(後篇) 
特集 メタボリックシンドローム(後篇)   

要  旨



座談会
メタボリックシンドローム-分子基盤としてのイスリン抵抗性と治療戦略-


本研究の基本的解説から展望までを話し合ってもらい本論のアプローチとしています。

春日 雅人
 (神戸大学)
島本 和明 (札幌医科大学)
中尾 一和 (京都大学:司会)

         
  春日 先生      中尾 先生      島本 先生


メタボリックシンドロームの基礎
インスリン抵抗性発症の分子基盤

田守 義和*   春日 雅人**

*神戸大学大学院医学系研究科糖尿病代謝消化器腎臓内科 **同教授

要  旨
 インスリン抵抗性は肝臓,骨格筋,脂肪細胞を中心としたインスリン標的臓器におけるインスリン作用の低下,特に代表的なインスリン作用である糖代謝の作用低下が存在する病態を指し,メタボリックシンドロームの発症に密接に関与している.インスリン抵抗性が誘導される代表的な病態である肥満症は,過剰な中性脂肪が脂肪細胞に蓄積された病態であり,このような脂肪組織にはマクロファージの浸潤を伴った慢性炎症が認められ,その結果,脂肪細胞分泌因子であるアディポカインの発現分泌調節に変化が生じ,肝臓や骨格筋でインスリン抵抗性が招来される.

目次へ戻る


メタボリックシンドロームの基礎
脂肪細胞機能

植木 浩二郎*   門脇 孝**
*東京大学大学院医学系研究科糖尿病代謝内科 特任助教授 **同教授

要  旨
 脂肪細胞は,単に余剰エネルギーの貯蔵機能を持つだけでなく,種々の生理活性物質(アディポカイン)を分泌する内分泌器官として認識されるようになってきた.肥満状態では,非肥満の状態と異なり脂肪組織に浸潤するマクロファージが肥大化した脂肪細胞の形質を変化させ,悪玉アディポカインが豊富に分泌されるようになるが,このようなアディポカインの分泌変化が,メタボリックシンドロームの病態形成に重要であると考えられる.

目次へ戻る


メタボリックシンドロームの基礎
摂食調節のメカニズム

吉松 博信
大分大学医学部生体分子構造機能制御講座第一内科 教授

要  旨
 メタボリックシンドロームは内臓脂肪の蓄積を基盤として発症する.生体はエネルギーバランスの恒常性維持機構を有しており,その調節系が正常に作動する限り,体脂肪量は一定に保たれる.このエネルギーバランス調節機構の中心に視床下部があり,摂食行動および末梢エネルギー代謝を制御している.そして,レプチンを始めとする末梢由来のホルモンや代謝産物,遠心性および求心性の自律神経系,脳内の各種神経ペプチドやモノアミン類が,その調節系を駆動する情報伝達系として機能している.

目次へ戻る


メタボリックシンドロームの基礎
酸化ストレス


安東 克之*1  藤田 敏郎*2
*1東京大学大学院医学系研究科分子循環代謝病学 助教授
*2東京大学大学院医学系研究科腎臓内分泌内科 教授

要  旨
 メタボリックシンドロームにおいては酸化ストレス亢進状態が存在することが知られており,これには内臓脂肪から分泌されるアディポサイトカインなどの関与が重要であると考えられている.特にレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の意義が明らかにされている.酸化ストレスはメタボリックシンドロームの背景にあるインスリン抵抗性を惹起するのみでなく,種々のメカニズムを介してメタボリックシンドロームにおける心血管病の発症・進展を促進している.

目次へ戻る


メタボリックシンドロームの基礎
炎症(マクロファージ)

神山 隆治*  菅波 孝祥*  小川 佳宏**
*東京医科歯科大学難治疾患研究所分子代謝医学分野 **同教授

要  旨
 メタボリックシンドロームあるいは動脈硬化性疾患の共通の病態として全身の軽度の炎症反応が指摘されている.一方,肥満の脂肪組織にはマクロファージを中心とした炎症細胞の浸潤が認められ,炎症性サイトカインの発現が増加していることが報告されている.脂肪組織におけるこのような炎症性変化が,メタボリックシンドロームの発症において重要な役割を担っている可能性がある.

目次へ戻る


メタボリックシンドロームの主要疾患
肥満症

細田 公則***1  小鳥 真司*1  平田 雅一**1  宮脇 尚志*2
海老原  健**1  益崎裕 章*1 中尾 一和****1

 *1京都大学大学院医学研究科内分泌代謝内科  **1同特任講師 ***1同講師 
****1同教授   *2NTT 西日本京都病院健診センター

要  旨
 肥満症は,肥満に起因,関連する健康障害を合併するか,臨床的にその合併が予測される場合で,医学的に減量を必要とする病態と定義される.日本でBMI≧25を肥満と判定する背景としてBMI25〜28で耐糖能異常,2型糖尿病,高血圧,脂質代謝異常などの発症危険率は正常の約2倍である.『肥満症治療ガイドライン 2006』で肥満症は,脂肪細胞の質的異常によるもの(内臓脂肪蓄積型肥満)と量的異常によるものに細分される.

目次へ戻る


メタボリックシンドロームの主要疾患
耐糖能障害

五十嵐 康宏*   河盛 隆造**
*順天堂大学医学部内科学 **同教授

要  旨
 メタボリックシンドロームはすべての疾病の未病状況ととらえるべきで,糖尿病はすでにメタボリックシンドロームではなく,より積極的な介入が必要なステージである.血糖制御のメカニズムの理解には膵臓のインスリン分泌特性と肝臓におけるインスリンの働きを理解することが特に重要である.介入にあたっては単なる血糖コントロールではなく,糖尿病の病態生理を理解し,患者の病態に合わせた適切な介入を行うことで動脈硬化リスクの低減を目指すことができる.

目次へ戻る


メタボリックシンドロームの主要疾患
高血圧


島本 和明**  三浦 哲嗣*
*札幌医科大学第二内科 助教授 **同教授

要  旨
 メタボリックシンドロームの構成要因のうち高血圧は男女共に最も高頻度であり,本症候群の重要な構成疾患である.本症候群の血圧上昇機序には,インスリン抵抗性−高インスリン血症と腹部肥満−アディポサイトカイン異常の両者が主要な機序を成している.高血圧で本症候群を合併する場合には,腹部肥満に対する食事・運動療法を基礎として,降圧薬を使用する場合にはインスリン抵抗性を改善する薬剤の選択が勧められる.

目次へ戻る


メタボリックシンドロームの主要疾患
メタボリックシンドロームにおける脂質異常

寺本 民生

帝京大学内科 教授

要  旨
 メタボリックシンドロームにおける脂質異常は,高トリグリセリド血症と低HDLコレステロール血症である.重要なことは,これら脂質異常がインスリン抵抗性を背景にしているということと,動脈硬化発症に強くかかわるリポタンパク異常を伴っているということである.特に酸化されやすいsmall dense LDLやレムナントの出現は重要であり,これらを証明することにより本症候群の脂質異常と認識される.

目次へ戻る


メタボリックシンドロームの主要疾患
メタボリックシンドロームと動脈硬化

北   徹

京都大学大学院医学研究科循環器内科 教授

要  旨
 生活習慣の急激な変化,エネルギー摂取過多・運動不足によるエネルギー消費不足によって惹起される内臓脂肪蓄積を上流としたメタボリックシンドローム(インスリン抵抗性を中心に,高脂血症,高血圧,耐糖能異常,糖尿病などを引き起す)と急性冠症候群との関係について,その根底にある粥状動脈硬化の面から概説した.

目次へ戻る


メタボリックシンドロームに合併する疾患
虚血性心疾患

上村 史朗*   斎藤 能彦**

*奈良県立医科大学第一内科 講師 **同教授

要  旨
 生活習慣の変化に伴う肥満とメタボリックシンドロームの急増が,近い将来の虚血性心疾患の増加につながると危惧されている.欧米での臨床研究によると,メタボリックシンドロームは虚血性心疾患を約2倍,糖尿病を約4倍に増加させ,さらに心筋梗塞後の予後増悪因子でもある.2005年に策定された新しい診断基準に基づいて日本人での前向きデータを蓄積し,得られたデータを虚血性心疾患の予防と治療に結びつける努力が必要である.

目次へ戻る


メタボリックシンドロームに合併する疾患
脳血管障害


高橋 愼一*   鈴木 則宏**

*慶應義塾大学医学部神経内科 助教授 **同教授

要  旨
 メタボリックシンドロームは虚血性脳血管障害の発症リスクを約2倍に増大させる.人種,民族の差異に基づいた適正なカットオフ値による診断をもとに,生活習慣によって生じる軽微なリスクの集積に早期から対処することで脳梗塞や一過性脳虚血発作(TIA)の発症を有効に予防できる可能性が高い.治療には運動と体重減少とともにアンジオテンシンU受容体拮抗薬(ARB)やペルオキシソーム増殖剤応答性受容体(PPAR)α,γアゴニストの適正な選択が必要で,時に複数の薬剤の使用が有効である.

目次へ戻る


メタボリックシンドロームに合併する疾患
メタボリックシンドロームと深部静脈血栓症


横山 健次*   池田 康夫**

*慶應義塾大学医学部内科 **同教授

要  旨
 メタボリックシンドローム患者は,慢性炎症状態にあり,線溶系は抑制,凝固因子量は増加,血小板は活性化して,その結果血液は血栓傾向に傾いていると考えられている.メタボリックシンドローム患者でみられる異常の中で,深部静脈血栓症(DVT)発症との関連が疫学的に明らかなのは肥満であり,体脂肪で産生されるプラスミノーゲンアクチベーターインヒビター1型(PAI-1),腫瘍壊死因子(TNF)αがメタボリックシンドローム患者でみられるDVT発症に深く関与している可能性がある.

目次へ戻る


メタボリックシンドロームに合併する疾患
痛風・高尿酸血症


大野 岩男*   細谷 龍男***

*東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科 助教授 **同教授

要  旨
 高尿酸血症は生活習慣病やその集族であるメタボリックシンドロームと密接に関連しており,またメタボリックシンドロームの基盤であるインスリン抵抗性は痛風・高尿酸血症の腎・尿路合併症である痛風腎・尿路結石症とも密接に関連することが知られている.最近,高尿酸血症は,メタボリックシンドロームモデルラットにおいて病因的役割があることが報告され,また人における心血管疾患の危険因子であることが再認識されている.

目次へ戻る


メタボリックシンドロームに合併する疾患
腎障害


伊藤 貞嘉

東北大学大学院医学系研究科内科病態学講座腎・高血圧・内分泌学分野 教授

要  旨
 メタボリックシンドロームは心血管疾患の発症のみならず腎障害のリスクとなっている.メタボリックシンドロームの病態には酸化ストレスと炎症が関与している.一方,腎臓は生体における酸化ストレスと炎症を軽減する臓器である.したがって,腎障害が合併すると病態が加速度的に増悪する.メタボリックシンドロームに腎機能低下や尿異常が存在する場合は,特にハイリスク群として管理する必要がある.

目次へ戻る


メタボリックシンドロームに合併する疾患
閉塞性睡眠時無呼吸症候群


大井 元晴

大阪回生病院睡眠医療センター

要  旨
 閉塞性睡眠時無呼吸症候群は,無呼吸中入眠し,回復時覚醒を伴い,昼間の眠気の原因となり,また無呼吸時低酸素血症となり,呼吸の回復時低酸素血症も回復する.これらの病態により,交感神経活動などが亢進し,インスリン抵抗性,高血圧と密接な関連があり,心・脳血管障害の促進因子となり,メタボリックシンドロームと重複する病態である.

目次へ戻る


メタボリックシンドロームに合併する疾患
非アルコール性脂肪肝炎(NASH)


西原 利治**  小野 正文* 大西 三朗***

*高知大学消化器内科学 **同助教授 ***同教授

要  旨
 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)は高度の脂肪肝に実質の壊死・炎症,線維化所見が加わった,しばしば風船様肝細胞やマロリー体も観察される,原因不明の慢性進行性肝疾患である.約10年の経過で1/5の症例が肝硬変に移行し,時に肝細胞癌の発生母地ともなる.メタボリックシンドロームの肝臓における表現型と見なされており,肝障害を伴ったメタボリックシンドロームの診療にあたっては,NASHの合併についての配慮が不可欠である.

目次へ戻る


トピックス
メタボリックシンドロームと子宮内環境および生殖機能


由良 茂夫*1  伊東 宏晃**1 藤井 信吾***1 佐川 典正*2*

*1京都大学大学院医学研究科器官外科学婦人科学産科学 **1同講師 ***1同教授
*2三重大学大学院医学研究科産科学婦人科学 教授

要  旨
 近年の疫学的研究から,胎生期に低栄養に暴露された児が,成人後にメタボリックシンドロームを高率に発症することが示され,developmental origins of health and diseaseの概念が提唱されるようになった.また,耐糖能障害や肥満はメタボリックシンドロームの病態を形成するとともに生殖機能の異常にも関与している.本稿では,我々が行ってきた種々の動物モデルの解析結果から,脂肪細胞由来のレプチンの分泌や感受性の異常がこれらの病態に深く関与している可能性について概説する.

目次へ戻る


トピックス
メタボリックシンドロームとリズム


本間 研一

北海道大学大学院医学研究科統合生理学講座時間生理学分野 教授

要  旨
 メタボリックシンドロームの原因の1つに,生体リズムの慢性的な乱れが想定されている.近年,心臓や肝臓などの末梢臓器にも生物時計が存在し,各臓器の機能発現に重要であることが明らかとなった.さらに,時計遺伝子の障害により,生活習慣病に似た病態が生じることも報告されている.メタボリックシンドロームは,時計遺伝子が直接糖質代謝や脂質代謝に関与し,その異常が原因となっている可能性がある.

目次へ戻る


トピックス
メタボリックシンドロームと骨粗鬆症


藤中 雄一*   松本 俊夫**

*徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体情報内科学 **同教授

要  旨
 メタボリックシンドロームは内臓肥満,高血糖,高血圧,高脂血症で構成されるが,骨密度は @脂肪量に正相関,血漿アディポネクチン濃度に逆相関,A血糖値に正相関,B血圧に逆相関,CLDLコレステロールに逆相関,HDLコレステロールに正相関を示すと考えられ,骨粗鬆症に対して肥満,高血糖は抑制的に,高血圧,高脂血症は促進的に働くと推察される.本疾患ではこれらが複合的に作用するため個々の患者で多彩な表現型を示すと考えられる.

目次へ戻る


トピックス
メタボリックシンドロームと再生医療


伊藤 裕

慶應義塾大学医学部内科 教授

要  旨
 メタボリックシンドロームおよびその合併の発症に至る一連の流れ,およびそれらの相互作用は“メタボリックドミノ”という概念でとらえることが可能である.メタボリックドミノの共通した病態生理には,レニン・アンジオテンシン系,特に組織レニン・アンジオテンシン系の活性化,交感神経系の賦活化および炎症が重要であり,それらの阻害はメタボリックドミノの上流(メタボリックシンドローム)より下流(合併症)に至るすべての過程において有用である.一方,再生医療は,臓器構成細胞の幹/前駆細胞の移植による臓器破壊を伴った臓器不全の根本治療として期待されている.したがって,再生医療はメタボリックドミノの下流の動脈硬化症に対する血管再生,あるいは虚血に陥った脳,心臓,腎臓の再生において有用であるが,さらに上流のインスリン分泌不全に対する膵ベータ細胞の再生,および脂肪細胞や骨格筋細胞の機能異常に対する分化誘導による機能是正といった治療への応用も期待される.

目次へ戻る


トピックス
メタボリックシンドロームとテストステロンおよび男性更年期障害


河  源*   松田 公志**

*関西医科大学泌尿器科学教室 講師 **同教授

要  旨
 男性更年期障害に代表される低テストステロン状態が,メタボリックシンドロームの発生,進展に関連することを示唆する研究結果が多く報告されている.低テストステロン状態は,男性におけるメタボリックシンドロームの1つの発生要因であるとともに,悪循環を形成する1つの因子でもあると考えられる.今後,テストステロン補充療法がメタボリックシンドロームに対する対処法の1つとなりうる可能性が期待される.

目次へ戻る