目次

最新医学 62巻4号(通巻773号)

特集 糖尿病の新しい治療戦略



 「最新医学」62巻4月特集は「糖尿病の新しい治療戦略」です。
 平成14年度の厚生労働省の実態調査によるとわが国の糖尿病患者数は740万人で、境界型の880万人を合わせると1620万人にもなります。この数は平成9年度の同調査と比べても250万人の増加となり、糖尿病は深刻な国民病として今後も更に増加することが予想されています。
 本特集は「糖尿病の治療戦略」・「合併症の治療戦略」・「先端の治療戦略」の三部構成とし、糖尿病治療の現状をふまえながら、これからの糖尿病治療がどう変わろうとしているのか、あるいはどのように変えなくてはいけないかといった観点から、糖尿病の研究や治療の第一線でご活躍されている先生方が解説しています。
 これから大きく変わろうとしている糖尿病治療について最新の知見を中心に詳しくご紹介した一冊です。是非ご一読下さい。

論文題名

著者所属

著者名

通巻頁
序論 京都大学 稲垣 暢也 837
[アプローチ]
糖尿病のこれまでの治療とこれから 京都大学 稲垣 暢也 838
[糖尿病の治療戦略]
新しいインスリン治療 -さらなる改良を目指して- 東京女子医科大学 柳沢 慶香ほか 844
GLP-1による糖尿病治療 -迫り来る治療の改革- 秋田大学 山田 祐一郎 852
DPP-IV阻害薬による糖尿病治療
 -GLP-1との比較-
京都大学 豊田 健太郎ほか 857
インスリン抵抗性改善薬の現状と未来 東京大学 山内 敏正ほか 867
1型糖尿病治療の現状と未来 大阪医科大学 村瀬 裕子ほか 880
[合併症の治療戦略]
糖尿病網膜症の新しい治療戦略
 -VEGFとアンジオポエチン-
静岡県立総合病院 鈴間 潔 885
PKCβ阻害薬による糖尿病合併症治療の可能性 金沢医科大学 古家 大祐 892
AGE阻害薬による糖尿病合併症治療の可能性 金沢大学 大江 和代ほか 900
糖尿病腎症の血圧管理
-エビデンスに基づいた治療-
埼玉医科大学 片山 茂裕 905
大血管障害の抑制を目指して -J-DOIT3- 東京大学 門脇 孝ほか 910
[先端の治療戦略]
肝臓のインスリン抵抗性を標的とした糖尿病治療の可能性 神戸大学 小川 渉ほか 916
エネルギー代謝調節における臓器間相互作用を標的とする治療の可能性 東北大学 山田 哲也ほか 923
新生児糖尿病治療の親展開 
-スルホニル尿素薬の有効性-
京都大学 長嶋 一昭ほか 933
膵臓・膵島移植による糖尿病治療 -現状と展望- 京都大学 岩永 康裕 940
糖尿病の再生医療 -現状と未来- 群馬大学 濱本 耕平ほか 949
エッセー  
白血病医の御礼奉公(16)
成人病予防協会にデータセンターを作ろう
大阪府立成人病センター 正岡  徹 958
対談
脳とこころの科学と医療(第1回)
 神経回路網を読み解く
自然科学研究機構 水野 昇 960

(聞き手)

国立精神・神経センター 金澤 一郎
トピックス
肺の画像解析に基づいた局所換気力学 大阪大学 北岡 裕子ほか 968
C型肝炎ウイルスに対するペグインターフェロンとリバビリン併用療法 虎の門病院 瀬崎ひとみ 973

HOME