目次

最新医学 62巻5号(通巻774号)

特集 若年性特発性関節炎-診断と治療における進歩-



 「最新医学」62巻5月特集は「若年性特発性関節炎−診断と治療における進歩-」です。
 小児期の慢性関節炎の代表的疾患である若年性特発性関節炎(JIA)は、小児期のリウマチ性疾患・膠原病の中では最も頻度の高い疾患で、短期的・長期的に身体障害をきたす重要な疾患です。
 一方、これまでJIAの疾患概念や治療方法は混沌としていましたが、詳細な症例観察と最近の生物学的製剤の開発やその反応性によりJIAは全身型と関節型に分けられ、それぞれは全く別の疾患ではないかとの概念も提唱されるようになって来ました。
 本特集では若年性特発性関節炎に関して疾患概念、臨床病態と病態生理、全身型と関節型の鑑別法、薬剤の使い方、新規導入の生物学的製剤の適応などの最新の動向を第一線でご活躍の先生方が詳しく解説しています。更に患者家族をサポートされている家族会の活動もご紹介頂きました。
 若年性特発性関節炎の治療の現場から将来的展望までの全てが判る一冊です。
 是非ご一読下さい。

論文題名

著者所属

著者名

通巻頁
序論 横浜市立大学 横田 俊平 995
[アプローチ]
リウマチ性疾患の認識
−全身性疾患としての「若年性特発性関節炎」−
横浜市立大学 横田 俊平 997
「若年性特発性関節炎の診断・分類基準」の国際的な趨性と意義 鹿児島大学 今中 啓之 1004
若年性特発性関節炎の診断と鑑別診断
−理学的所見の重要性と検査技術の進歩−
あいち小児保健医療総合センター 岩田 直美 1011
全身型若年性特発性関節炎と成人発症ステイル病 藤川医院 藤川 敏 1016
全身型および関節型若年性特発性関節炎の画像所見:両者は同じ関節炎か?
−画像所見からのアプローチ−
横浜市立大学 稲葉 裕ほか 1024
若年性特発性関節炎の病理所見と関節炎発症のメカニズムから見た疾患マーカーと活動性マーカーについて 宮城県立こども病院 梅林 宏明 1030
全身性自己炎症症候群
−全身型若年性特発性関節炎の鑑別診断として−
京都大学 西小森隆太ほか 1035
全身型・関節型若年性特発性関節炎の治療の組み立て方-NSAIDsおよびステロイド剤の使用法と小児に対するDMARDsの限界- 横浜市立大学 宮前多佳子ほか 1042
関節型若年性特発性関節炎に対する国際的標準治療法としてのメトトレキサート療法 横浜市立大学 森 雅亮 1051
TNFα遮断薬の小児への適応と使用上の問題点 鹿児島大学 武井 修治 1056
抗IL-6受容体抗体の全身型若年性特発性関節炎への適応と使用上の問題 横浜市立大学 今川 智之ほか 1065
若年性特発性関節炎の子どもの心のケア 東京女子医科大学 松山 毅 1071
若年性特発性関節炎のリハビリテーション 横浜市立大学 根本 明宜 1077
若年性特発性関節炎の子どもを持つ親の会「あすなろ会」の活動 あすなろ会 石垣 成子 1083
エッセー  
白血病医の御礼奉公(17)
碁友・碁仇
大阪府立成人病センター 正岡  徹 1090
対談
脳とこころの科学と医療(第2回)
形と機能を結ぶ分子を追う 
東京大学 廣川 信隆 1093

(聞き手)

国立精神・神経センター 金澤 一郎
トピックス
心房細動患者におけるアスピリンの功罪と新しい抗凝固療法の開発 大阪大学 堀  正二 1103
多発性硬化症におけるNMO-IgG/抗アクアポリン4抗体の臨床的意義 新潟大学 田中 惠子 1109
症例
脊椎椎体骨折を来した若年女性ヘビースモーカーの一例 慶應義塾大学 岩田 潤ほか 1114

HOME