最新医学62巻12号 
特集
 ABCタンパク質の基礎と臨床
要  旨


アプローチ
造血器腫瘍に対する新規治療法の動向

小澤 敬也*1*2*3

*1 自治医科大学医学部内科学講座血液学部門教授
*2 同輸血・細胞移植部教授
*3 同分子病態治療研究センター遺伝子治療研究部教授

要  旨
 本特集への導入として,造血器腫瘍に対する新規治療薬の開発動向に関する話題を紹介した.特に,分子標的治療が新しい治療法の中核となっており,イマチニブに代表される低分子治療薬,リツキシマブに代表される抗体医薬は,実際に素晴らしい治療成績を上げている.その他,ボルテゾミブ,レナリドマイドなどの新規治療薬も従来の治療方針を大きく変えつつある.また,細胞治療や遺伝子治療といった新しい治療戦略の臨床開発も進みつつある.

目次へ戻る



急性リンパ性白血病の分子標的療法

成松 宏人*   直江 知樹**
* 名古屋大学大学院医学系研究科病態内科学講座血液・腫瘍内科学 ** 同教授

要  旨  分子標的薬は,腫瘍の病態にかかわる分子を特異的に阻害する小分子化合物と,腫瘍細胞が発現している抗原を標的にして細胞障害をもたらすモノクローナル抗体に分類される.急性リンパ性白血病の治療に用いられることが検討されている薬剤として,前者はイマチニブ(グリベックメ)などが,後者にはリツキシマブ(リツキサンメ)などがある.それらの薬剤は従来の化学療法と併用することにより,急性リンパ性白血病の治療成績向上につながることが期待されている.

目次へ戻る



急性骨髄性白血病と抗体医薬

矢萩 裕一*   薄井 紀子**
* 東京慈恵会医科大学腫瘍・血液内科 ** 同准教授

要  旨  急性骨髄性白血病(AML)の治療成績向上のために,CD33抗原を標的とした抗体を用いた製剤ゲムツズマブオゾガマイシン(GO)が開発され,臨床試験が施行されてきた.欧米では,未治療 AML を対象とした標準的化学療法群とGO併用群の無作為化第V相臨床試験が進行中である.日本でも,再寛解導入療法としてGO併用療法の第T相臨床試験が行われている.これらの結果が注目される.

目次へ戻る



急性前骨髄球性白血病の実践的治療

恵美 宣彦*

* 藤田保健衛生大学医学部血液内科・化学療法科 准教授


要  旨
 急性前骨髄球性白血病(APL)は,汎血球減少,播種性血管内凝固(DIC)の合併など独特の臨床像を持ち,特定の染色体異常から分子生物学的な解析が進み,最もよく理解されている白血病である.治療戦略は,初発時は分子標的治療薬であるレチノイン酸を主体として,再発時は亜ヒ酸が主体となる.これら薬剤の登場により,生存率は改善し,患者 QOL も以前より明らかに良くなっている.実際の治療上の注意点も含めて,今後の治療戦略を考察する.

目次へ戻る



慢性骨髄性白血病の分子標的治療

永井 正
* 自治医科大学内科学講座血液学部門 准教授

要  旨  メシル酸イマチニブは慢性骨髄性白血病に対して優れた治療効果を示す.一方,新規BCR/ABLチロシンキナーゼ阻害薬の開発も進められ,BCR/ABL遺伝子の変異を中心としたイマチニブ耐性例に対する効果が期待されている.現在までに行われた多くの臨床試験の結果を踏まえ,最近European Leukemia Netより慢性骨髄性白血病に対する治療指針が発表された.

目次へ戻る



慢性リンパ性白血病と類縁疾患に対する治療戦略

小林 幸夫*
* 国立がんセンター中央病院血液内科医長

要  旨
 慢性リンパ性白血病は日本では極めて少ない.そのため薬剤の導入も遅れたが,フルダラビンをはじめとして新たな薬剤が使用されるようになった.高齢者が対象でもあり,免疫不全を基盤とする感染症の対策が肝要である.

目次へ戻る



慢性骨髄増殖性疾患に対する新規治療薬の開発

久冨木 庸子*1  下田 和哉*2
*1 宮崎大学輸血部 講師
*2 同消化器血液内科 教授

要  旨
 造血幹細胞疾患である慢性骨髄増殖性疾患は,BCR-ABLによる慢性骨髄性白血病の発症機構をモデルに解明が進み,FIP1L1-PDGFRA,TEL-PDGFRB,JAK2遺伝子変異などの病態への関与が明らかにされてきた.現在では,慢性骨髄増殖性疾患は「チロシンキナーゼの恒常的活性化により生じる疾患群」と考えられるようになり,活性化したチロシンキナーゼを標的とする新たな治療法の開発が進んでいる.

目次へ戻る



骨髄異形成症候群に対する新規治療薬


大屋敷 一馬*
* 東京医科大学内科学第一講座(血液内科)教授

要  旨
 MDS治療は,リスク分類により低リスク群(IPSS-Low および INT-1)と高リスク群(INT-2 と High)に分けられ,新規治療法もそれぞれのリスク群を対象として分けられている.低リスク群では,5q−染色体異常の MDS を対象とするレナリドマイド,貧血治療のダーベポエチン,鉄過剰に対するICL-670が新規治療薬として有力である.一方,高リスクMDSでは,複雑染色体異常症例でも寛解が期待できるアザシチジンやデシタビンが新規治療薬剤として期待されている.

目次へ戻る



非ホジキンリンパ腫と抗体医薬


飛内 賢正*
* 国立がんセンター中央病院第一領域外来部 部長

要  旨
 B細胞リンパ腫に対するキメラ型抗CD20抗体リツキシマブの臨床試験,それに基づくFDA,厚生労働省による承認,標準治療への組み込みによって,抗体医薬は悪性腫瘍に対する重要な治療手段であることが判明した.リツキシマブ,抗CD20 radioimmunoconjugatesに引き続く新薬開発に重点を置いて,非ホジキンリンパ腫に対する抗体医薬開発の現状を概括し,将来展望を試みる.

目次へ戻る



ホジキンリンパ腫に対する最新の治療戦略と展望

小椋 美知則*
* 名古屋第二赤十字病院血液内科部長

要  旨
 ホジキンリンパ腫の全病期の予後は過去30年間に劇的に改善してきているが,これは多剤併用化学療法の開発によるものが大である.初発限局早期症例にはABVD療法を短コース(4〜6コース)実施した後に病変部位への区域照射(IFRT 20〜30Gy)を実施することが標準的治療法であり,初発進行期症例にはABVD療法の6〜8コースが標準的治療法である.初発進行期で予後不良因子を保有していても,up-frontでの自家造血幹細胞移植併用の大量化学療法の意義はなく,また,化学療法での寛解後に初発時のbulky病変に対して後照射を実施することの有用性もない.多剤併用化学療法による寛解後の初回再発例や難反応例に対しては,救援化学療法の奏効後の自家末梢血幹細胞移植併用の大量化学療法が標準的治療法である.本稿ではホジキンリンパ腫に対する標準的治療法,研究的治療法について,高度なエビデンスを中心にして紹介する.

目次へ戻る



成人T細胞白血病・リンパ腫に対するこれからの治療戦略

塚崎 邦弘*
* 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科原爆後障害医療研究施設分子治療研究分野(血液内科)准教授

要  旨
 HTLV-1が病因であるATLLの病態は,indolentからaggressiveまで多様であるが,臨床病型により層別化しての治療法の開発が進みつつある.化学療法と移植療法に進展が見られるが,その予後は他の造血器腫瘍と比べて依然不良である.

目次へ戻る



多発性骨髄腫に対する新規治療薬

上田 智基*
* 慶應義塾大学医学部血液内科

要  
 治癒を得ることが困難な多発性骨髄腫の治療法は,分子病態に即した新規薬剤の登場により大きく変わろうとしている.サリドマイドやレナリドマイド,ボルテゾミブは,再発・治療抵抗性例に対し高い奏効率と生存期間の延長をもたらすことが示されてきた.また未治療例に対しても,化学療法との併用で有効性が示されつつある.しかし日本人の毒性プロファイルの違いも含め,それぞれ特有の副作用を有し,臨床導入には注意が必要である.

目次へ戻る



造血器腫瘍に対する造血幹細胞移植の適応

神田 善伸*
* 自治医科大学附属さいたま医療センター血液科 教授

要  旨
 造血幹細胞移植は,治療に伴う毒性,QOLの低下,あるいは死亡などのさまざまな可能性を覚悟したうえで最終的な生存率を改善しようという治療であり,その適応は綿密な予後予測に基づいて慎重に判断されなければならない.本稿では,各造血器腫瘍疾患について予後因子から考えた一般的な移植適応を羅列するが,実際の適応は個々の患者,家族の人生観などを重視し,十分な情報を共有して話し合いながら決定すべきである.

目次へ戻る



造血器腫瘍に対する遺伝子治療法の開発動向

鈴木隆浩*
* 自治医科大学医学部内科学講座血液学部門 講師

要  旨
 近年造血器腫瘍の分野においては,副作用を軽減するため標的療法の研究が盛んに行われている.免疫療法はその1つであるが,腫瘍特異的リンパ球の誘導効率に難があり,その実用化は遅れていた.最近,遺伝子導入技術を用いて抗原提示細胞やリンパ球に誘導分子を導入し,腫瘍特異的T細胞を十分量増幅可能な新しい手法が報告されてきており,今後の臨床応用が期待されている.

目次へ戻る


対談
脳とこころの科学と医療(第9回)
 脳を創ることで脳を知る

ゲスト  川人 光男 先生(国際電気通信基礎技術研究所)
聞き手  金澤 一郎 先生(国立精神・神経センター名誉総長)


 対談シリーズ「脳とこころの科学と医療」は、お招きするゲストの先生方に、ご自身の研究の内容や失敗談、成功談をお伺いしながら、日本における脳・神経研究の歴史を紹介するとともに、そこで語られる先達の教訓を、本誌の対象読者である若手研究者の日頃の研究に役立てていただくことを願って企画致しました。ゲストにはこの分野の基礎を築いて来られた方々、また現在も第一線で研究を続けておられる方々をお招きしています。
 第9回はゲストに国際電気通信基礎技術研究所・川人 光男 先生をお迎えして「脳を創ることで脳を知る」をタイトルにお話をお伺いしました。
 人型ロボットとしてはホンダが開発した「アシモ」が有名ですが、川人先生の所ではそれに先駆けてDB(dynamic Brain)という人型ロボットを開発されました。DBとアシモとの違いはロボットの動きに電動モーターではなく油圧アクチュレーターを使用していることです。
 これは人に近いやわらかい動きは電動モーターでは再現が難しいためで川人先生たちが徹底的にこだわった部分でありまた開発に非常に苦労された部分だそうです。しかしながら油圧アクチュレーターを使ったお陰で現在ではロボットがジャグリングが出来るほどになっているそうです。
 この他にも、脳研究を志した理由や将来的な展望についても詳しくお話頂きました。是非お楽しみ下さい。
 聞き手は国立精神・神経センター名誉総長・金澤一郎先生です。

目次へ戻る