目次

最新医学 63巻4号(通巻788号)

特集 エピジェノミクス -最近の動向と疾患-



 「最新医学」63巻4月特集は「エピジェネティクス-最近の動向と疾患-」です。
 エピジェネティクスとはDNAの塩基配列の変化無しに、遺伝的しかもか逆的に遺伝子機能の発現が変化する現象のことです。
 最近の研究で癌をはじめ神経、循環器、自己免疫疾患におけるエピジェネティックな異常が病態に関与することや診断・治療の標的になることが明らかになりつつあります。
 本特集ではエピジェネティクス研究に関して、「がんの病態解明」、「臨床応用」、「各種疾患における新展開」の3部構成で日本を代表する研究者の先生方に詳しくご解説頂きました。
 エピジェネティクスについてなじみのない読者にはその重要性と面白さを、精通されている読者には最新の情報をご理解頂ける絶好の書となっております。
 是非、お読み下さい。

論文題名

著者所属

著者名

通巻頁
序論 札幌医科大学 豊田 実 733
[アプローチ]
エピジェネティクス研究の現状と展望 札幌医科大学 豊田 実 735
[エピジェネティクス研究によるがんの病態解明]
慢性炎症による発がん機構としてのエピジェネティック以上 国立がんセンター 安藤 孝将ほか 743
がんにおけるエピジェネティックな変化とシグナル経路異常 札幌医科大学 鈴木 拓ほか 749
網羅的エピゲノム解析技術の新展開 東京大学 油谷 浩幸 756
がんにおけるヒストン修飾異常の役割 愛知がんセンター 近藤 豊 763
疾患モデル動物を用いたエピジェネティクス研究
-大腸多段階発がんにおけるDNAメチル化異常の意義-
岐阜大学 山田 泰広ほか 772
[臨床応用]
エピジェネティック治療の現状と展望 MD Anderson Cancer Center 渡邊 嘉行 778
前がん状態におけるDNAメチル化異常 国立がんセンター 新井 恵吏ほか 788
胸部悪性腫瘍におけるエピジェネティック異常 岡山大学 豊岡 伸一 795
臨床検体を用いたDNAメチル化検出とがん診断への応用 静岡がんセンター 松林 宏行 802
[各種疾患におけるエピジェネティクス研究の新展開]
ゲノムインプリンティング異常と疾患 佐賀大学 副島 英伸 811
心疾患におけるエピジェネティクス 自治医科大学 間野 博行 819
神経疾患におけるエピジェネティックな異常 山梨大学 久保田 健夫 826
再生医療とエピジェネティクス研究 国立成育医療センター 梅澤 明弘ほか 533
エッセー  
代謝病の周辺(4)年賀の季節に憶い出す
−ウェルナー症候群の男性からの賀状-
大阪大学名誉教授 垂井 清一郎 842
対談
脳とこころの科学と医療(第13回)
 神経科学の師を語る
関東労災病院 柳澤 信夫 846

(聞き手)

国立精神・神経センター 金澤 一郎
トピックス
心不全とアルドステロン 東京慈恵会医科大学 小武海公明ほか 854
特報 2007年度 井村臨床研究賞受賞論文
コレステロール代謝異常賞の分子機構の解明と治療薬の開発 金沢大学 馬渕  宏 854

HOME