目次

最新医学 65巻12号(通巻828号)
特集 骨髄異形成症候群


 「最新医学」65巻12月特集は「骨髄異形成症候群」です。

 骨髄異形成症候群(MDS)は高齢化に伴い増加傾向にありますが、これまでは造血幹細胞移植が適応となる症例以外に有効な治療法はなく、輸血などの支持療法に頼らざるを得ない状況でした。
 しかし最近、新規治療薬の治験がわが国でも進み始め、状況が大きく変わりつつあります。
 本特集ではMDSを「病態と診断」・「治療」の二つの面から我が国の第一人者にご解説頂きました。
 「病態と診断」では再生不良性貧血と低リスクのMDSの鑑別、病型分類と予後スコアリングシステム、小児のMDS、形態診断、MDSの遺伝子領域での最新の知見などについて詳しくご紹介頂いております。その一方で「治療」については「免疫抑制療法」・「レナリドミド」・「脱メチル化剤」・「化学療法」・「移植療法」・「新薬の開発状況」・「鉄キレート療法」を各論として治療の最前線の状況を詳しくご解説頂きました。 これから血液専門医を目指す先生方はもちろんのこと、高齢者を診察される機会の多い一般臨床医の先生方にも是非ご覧頂きたい内容です。
  

論文題名

著者所属

著者名

通巻頁
序論 自治医科大学 小澤 敬也 2477
[アプローチ]
MDSに関する最近の研究の進歩 自治医科大学 小澤 敬也 2479
[基礎]
骨髄不全症候群におけるMDS -良性の骨髄不全(再生不良性貧血)とどうやって鑑別するか?− 金沢大学 中尾 眞二 2484
MDSの病型分類と予後スコアリングシステム 長崎大学 波多 智子ほか 2490
小児MDSの特徴 名古屋大学 小島 勢二ほか 2498
MDSの形態診断 埼玉医科大学 松田 晃 2505
MDSの分子病態 広島大学 稲葉 俊哉 2512
MDSのゲノム解析 東京大学 小川 誠司 2517
[臨床]
免疫抑制療法によるMDSの治療 京都大学 石川 隆之 2525
レナリドミドによるMDSの治療 川崎医科大学 通山 薫 2531
脱メチル化薬によるMDSの治療 国立がんセンター 小林 幸夫 2537
MDSに対する化学療法の過去と未来 東京医科大学 伊藤 良和ほか 2545
MDSに対する移植療法 慶應義塾大学 國本 博義ほか 2551
MDSに対する新薬の開発状況 埼玉医科大学 木崎 昌弘 2559
輸血後鉄過剰症の病態と鉄キレート療法 自治医科大学 鈴木 隆浩 2566
対談
血液および血液疾患を語る(第21回)
がんの幹細胞の探求
九州大学 赤司 浩一 2574

(聞き手)

名古屋セントラル病院 齋藤 英彦
トピックス
レニン阻害薬 東邦大学 盛田 俊介 2587
ビタミンA-リポソームsiRNA HSP47を用いた肝硬変の治療 札幌医科大学 佐藤 康史ほか 2593

HOME