目次

最新医学 67巻9月増刊号(通巻855号)

特集 抗がん剤治療の最前線:
    分子標的薬剤の使用による進歩 (後篇)


 67巻9月増刊号「抗がん剤治療の最前線:分子標的薬剤の使用による進歩(後篇)」です。

 前篇(2012年6月25日発刊)に引き続き,抗がん剤治療の最前線について分子標的薬剤の進歩を中心に,最新情報を紹介しています.
 後篇では固形がんから血液のがんまで各臓器別がんの最新治療と分子標的薬を始めとした新薬の動向について,化学療法や血液がんにおける移植療法などを盛り込みながら第一線の先生方に執筆して頂きました.また巻頭にはがん治療にたずさわる若手の研究者をお招きした座談会も掲載しております.2000年以降,続々登場する分子標的薬に関して,臨床データを基に体系的にまとめています.
 日々進化を続ける抗がん剤治療の成書として是非ご一読ください.
    

論文題名

著者所属

著者名

通巻頁
[座談会]
めざそうがん研究:がん治療にたずさわる若手から 東京医科大学 細永 真理 2081
  がん研有明病院 津山 直子
(司会) がん研有明病院 畠 清彦
[各臓器別の最新治療と新薬の動向]
肺がん
1. 小細胞肺がん 日本医科大学 清家 正博ほか 2096
2. 非小細胞肺がんの分子分類とEGFR 変異肺がん 九州大学 須田 健一ほか 2104
3. c-MET経路異常 自治医科大学 水谷 英明ほか 2116
4. ALK陽性肺がん がん研有明病院 蜥J 典子ほか 2124
5. 悪性中皮腫に対する治療の現状と最新治療について-分子標的治療および遺伝子治療を中心に- 九州がんセンター 豊川 剛二ほか 2133
胃がん 愛知県がんセンター 谷口 浩也ほか 2144
大腸がんにおける最新治療と新薬の動向 国立がん研究センター東病院 山ア 知子ほか 2158
GIST 名古屋第二赤十字病院 澤木 明 2180
前立腺がんに対する新規治療薬 帝京大学 井上 正浩ほか 2191
進行性腎細胞がんの最新治療と新薬の動向 慶應義塾大学 水野 隆一ほか 2202
乳がんに対する分子標的治療の進歩 がん研有明病院 伊藤 良則 2211
肝細胞がん 近畿大学 上嶋 一臣 2220
膵がん 杏林大学 古瀬 純司 2230
膵神経内分泌腫瘍(P-NET) 山形大学 手塚 康二ほか 2238
卵巣がん 日本医科大学 原野 謙一 2249
悪性リンパ腫
1. B細胞リンパ腫 名古屋第二赤十字病院 小椋 美知則 2265
2. T細胞リンパ腫とATLL 長崎大学 塚崎 邦弘 2297
3. 節外性NK/TKリンパ腫、鼻型 順天堂大学 磯部 泰司 2315
皮膚T細胞リンパ腫に対する新規治療 東海大学 大間知 謙ほか 2327
移植適応でない多発性骨髄腫の最新治療 名古屋市立西部医療センター 稲垣 淳ほか 2334
MDS治療の最近の動向:アザシチジンを中心に 山梨大学 桐戸 敬太 2346
白血病
1. 慢性骨髄性白血病の治療 東京慈恵会医科大学 薄井 紀子ほか 2357
2. 急性リンパ性白血病に対する分子標的療法 佐賀大学 久富  崇ほか 2366

HOME