目次

最新医学 68巻8号(通巻868号)

特集
 
消化器疾患における超音波内視鏡検査 -現況と将来展望-

                       

「最新医学」68巻8月特集は「消化器疾患における超音波内視鏡検査 -現況と将来展望-」です。

 2010年に超音波内視鏡下穿刺吸引法(Endoscopic Ultrasonography-guided fine needle aspiration:EUS-FNA)が、2012年にはEUS下瘻孔形成術が保険掲載されたこともあり我が国でのコンベックス型EUSの普及台数が300台を超えています。 これまで小病変の発見やがんの局所進展度診断などの精密検査用機器としてその性能を発揮してきたラジアル型EUSに加え、細胞診やドレナージも可能なコンベックス型EUS爆発的に普及してきたことで我が国のがん治療は新しい展開を迎えつつあります。
 その一方で、EUS-FNの診断能、合併症の発生率などは施設間で大きな差が見られ手技の標準化など様々な課題が残されています。
 本特集では、国内の最前線でご活躍されている先生方がEUSの現況や展望を分かり易く解説しています。また巻頭の座談会ではEUSのこれまでの歴史から欧米との違い、これから発展が期待される新しい技術まで国内外でEUSを牽引されてきた3名の先生方にお話し頂いております。
 これからEUSに取り組むご予定の先生方はもちろんのこと外科など他の領域の先生方にも是非ご覧頂きたい内容になっています。

論文題名

著者所属

著者名

通巻頁
序論:EUS-FNAに対する期待と危惧 愛知県がんセンター 山雄 健次 1675
[座談会]
消化器疾患に対する超音波内視鏡検査
-欧米と日本-
近畿大学 北野 雅之 1677
東京大学 中井 陽介
(司会) 愛知県がんセンター 山雄 健次
[総説]
消化器疾患における超音波内視鏡
-現状とこれから-
京都第二赤十字病院 安田 健治朗 1694
[EUSの現況と新展開]
超音波内視鏡検査による消化管疾患の診断の現況 北里大学 木田 光広ほか 1698
超音波内視鏡検査による胆膵疾患の診断の現況 手稲渓仁会病院 真口 宏介ほか 1705
超音波内視鏡検査の新展開-造影EUS- 東京慈恵会医科大学 今津 博雄ほか 1713
EUSを用いたElasticity Imaging
-EUS-elastrography-
名古屋大学 廣岡 芳樹ほか 1720
[EUS-FNAの現況]
EUS-FNAの標準的手技と診断能向上の試み 福島県立医科大学 山部 茜子ほか 1728
消化管粘膜下腫瘍に対するEUS-FNAの現況 飯塚病院 赤星 和也ほか 1735
胆膵疾患に対するEUS-FNAの現況 愛知県がんセンター 原 和生ほか 1743
[EUSガイド下治療の現況と将来展望]
EUSガイド下腹腔神経叢・神経節ブロック 岐阜大学 安田 一朗ほか 1751
EUSガイド下膵仮性嚢胞ドレナージ 昭和大学 良沢 昭銘ほか 1756
EUSガイド下胆道ドレナージの実状 近畿大学 今井 元ほか 1761
EUSガイド下膵管ドレナージ 東京医科大学 栗原 俊夫ほか  1770
膵腫瘍に対するEUSガイド下治療 大阪府立成人病センター 蘆田 玲子ほか 1777
現代社会とうつ病
(32) 特別な精神療法 (1)認知行動療法の応用 洗足ストレスコーピング・サポートオフィス 伊藤 絵美 1784
トップランナーに聞く
(第32回)
酸化ストレス増幅タンパク質シクロフィリンAによる循環器疾患促進機構
東北大学 佐藤 公雄 1788
ノーベル賞と医学の進歩・発展
(9) エイズウイルスの発見とその周辺 京都大学 前田 道之 1793
トピックス
GATA3によるナチュラルヘルパー細胞の制御 理化学研究所 茂呂 和世ほか 1797
造血幹細胞の「休眠」を誘導する微小環境 東京大学 山崎 聡 1802
投稿
肝障害と誘導型一酸化窒素合成酵素
-ラット初代培養肝細胞を用いた肝保護試薬のスクリーニング-
関西医科大学 海堀 昌樹ほか 1806

HOME