目次

最新医学 70巻3号(通巻891号)

特集 免疫チェックポイントの基礎と臨床
                       



「最新医学」70巻 3月特集は「免疫チェックポイントの基礎と臨床」です。


 生体には過剰な免疫反応や自己免疫反応から身を守るための負の制御機構が存在していますが、腫瘍細胞はこの機構を利用して局所における抗腫瘍作用を抑制することが分かっています。なかでもCTLA-4やPD-1といった免疫チェックポイント分子が抗腫瘍免疫応答の活性化を抑制しており、これらの分子をモノクローナル抗体でブロックすると抗腫瘍活性が増強され、腫瘍退縮が認められることがマウスを使った実験で明らかになりました。
 そこでこのような免疫チェックポイント分子をブロックする抗体の開発やそのヒトへの応用が進み、悪性黒色腫に対する治療薬としてこれらの免疫チェックポイント分子に対する抗体が承認されました。
 しかしその一方で、これらの製剤の単剤での治療効果は不十分であり様々な薬剤との併用療法が検討されています。
 本特集ではこれらの免疫チェックポイント分子の免疫系での働きや、がんがいかにこれらの分子を利用して免疫系からの制御を回避しているかを国内外の最前線で研究されている先生方に解説していただきました。
 さらにすでに臨床応用されている抗CTLA-4抗体や抗PD-1抗体について実際に現場でご活躍されている先生方に最新のトピックスも含めて詳しくご紹介頂いております。
 基礎から臨床応用までがん・免疫に携わるすべての皆様にご覧いただきたい内容となっております。

論文題名

著者所属

著者名

通巻頁
序論 大阪大学 西川 博嘉 329
[座談会]
免疫チェックポイント阻害剤治療の問題点と展望 国立がん研究センター中央病院 山﨑 直也 331
山口大学 玉田 耕治
(司会) 大阪大学 西川 博嘉
[基礎]
腫瘍局所の免疫抑制機構 米国国立がん研究所 加藤 真吾ほか 343
CTLA-4分子の基礎と抗CTLA-4抗体の作用メカニズム Natinonal Cancer Institute 北野 滋久 348
PD-1分子の基礎と抗PD-1抗体の作用メカニズム 山口大学 玉田 耕治 354
LAG-3分子の基礎と臨床応用 Roswell Park Cancer Institute 松崎 順子 360
TIM-3分子の基礎と臨床応用 北海道大学 地主 将久 366
OX40の基礎と臨床応用 Memorial Sloan Kettering Cancer Center 前田 優香 372
新規免疫チェックポイントの可能性 山梨大学 猪爪 隆史 378
T細胞の免疫疲弊と免疫チェックポイント分子 岡山大学 榮川 伸吾ほか 386
抗CCR4抗体の制御性T 細胞への影響と臨床応用の可能性 川崎医療大学 黒瀬 浩史ほか 393
[臨床]
抗CTLA-4抗体と抗PD-1抗体による悪性黒色腫の治療開発 国立がん研究センター中央病院 山﨑 直也 399
悪性腫瘍に対する養子免疫療法と免疫チェックポイント機構制御の併用療法 University of Toronto 龍谷 勇紀ほか 408
抗PD-1抗体の婦人科がんへの応用 京都大学 濵西 潤三ほか 414
抗PD-1抗体の泌尿器疾患、消化器疾患への応用 大阪大学 和田 尚 421
PD-1 阻害薬の呼吸器疾患への応用 大阪大学 竹内 美子ほか 428
トピックス
新世代のC型慢性肝炎治療薬 広島大学 今村 道雄ほか 436
パーキンソン病におけるαシヌクレイン病変のプリオン様伝播 東京都精神医学総合研究所 長谷川 成人 442

HOME