目次

最新医学 72巻12号(通巻929号)

特集 腎代替療法・機械工学と再生医療
                       



「最新医学」72巻12号特集は「腎代替療法・機械工学と再生医療」です。


 高血圧や糖尿病治療の進歩と慢性腎臓病(CKD)という概念の普及ににもかかわらず2011年末に我が国の透析患者数は30万人を超えました。さらに透析患者の生命予後の改善に伴い透析が長期間に及ぶことから透析患者の身体的な負担は大きくまた医療費の増大も大きな社会問題となっています。
 その一方で腎臓は他の臓器とは違い血液透析や腹膜透析など工学との関わりが最も密接な臓器の1つでありこの50年の進歩により腎臓病患者の生活の質(QOL)は大きく向上していますす。
 今回の特集では血液透析、腹膜透析などの現在も行われている腎代替療法の最近の進歩や将来を見据えた腎再生医療の可能性について日本を代表する先生方に最新の知見を詳しくご解説いただきました。
 また巻頭の座談会では診療・研究の最前線でご活躍されている先生方をお招きして透析の歴史から最新の医工学の研究成果や透析研究の今後の方向性など非常に多岐に渡って分かり易くお話し頂きました。

論文題名

著者所属

著者名

通巻頁
序論 東京慈恵会医科大学 横尾 隆 1633
[座談会]
先端テクノロジーの腎疾患応用 東京医科大学 菅野 義彦 1635
島根大学 伊藤 孝史
(司会) 東京慈恵会医科大学 横尾 隆
【特集】
人工臓器治療における急性腎障害(AKI) 東京大学 吉田 輝彦ほか 1647
血液透析と先端医療
 1.透析膜の進歩 法政大学 山下 明泰 1653
 2.アフェレシス 東京女子医科大学 峰島 三千男 1661
 3.在宅血液透析 静岡県立総合病院 森 典子 1668
腹膜透析と先端医療
 1.新規腹膜透析液・検査法の開発 東京慈恵会医科大学 丹野 有道 1674
 2.腹膜傷害における中皮細胞シートによる腹膜再生 東京女子医科大学 﨑山 亮一ほか 1681
血管再生の最前線
 1.バイオ3Dプリンターを用いた人工血管再生 佐賀大学 松林 久美香ほか 1686
 2.バイオチューブを用いた人工血管 -バスキュラーアクセスへの応用を目指して- 国立循環器病研究センター 中山 泰秀ほか 1693
人工腎臓
 1.バイオ人工尿細管 湘南東部総合病院 斎藤 明 1701
 2.ウェアラブル透析システム 東京医科大学 菅野 義彦ほか 1709
再生腎臓
 1.発生プログラムを用いた腎臓再生 東京慈恵会医科大学 山中 修一郎 1714
 2.慢性腎不全に対する体性幹細胞療法 日本大学 福田 昇ほか 1721
 3.iPS細胞を用いた腎臓再生 京都大学 辻本 啓ほか 1726
痛みのClinical neuroscience
(30) 運動器の痛み 2.発育期(こども)における腰痛とそのマネジメント 徳島大学 山下 一太ほか 1734
ノーベル賞と医学の進歩と発展
(最終回) 獲得的免疫寛容の発見
       -バーネット、メダワー
大阪大学 坂口 志文 1742
トピックス
経口抗利尿ホルモン薬の臨床 名古屋大学 髙木 博史ほか 1748

HOME