こうすれば出来る           
「ウイルス院内感染対策」
             − 麻疹・風疹・水痘・ムンプス −


画像をクリックすると目次がご覧いただけます



麻疹が全国規模で大流行しています。
特に最近では首都圏を中心に高校・大学が休校になるなど社会問題化しています。
多くの患者さんが訪れる病院・医院こそ的確な院内感染対策が必要です。
今すぐ出来るウイルス院内感染対策のノウハウを分り易くまとめた一冊です。
本書をご購入頂き院内感染対策にお役立て下さい。

内容特徴

今、「院内感染」を起こして「ごめんなさい」ですみますか???
今すぐできるウイルスの院内感染対策のノウハウをわかりやすくまとめました。
特にICD, ICN, ICMT, ICP の方々には必携です。
2007年4月施行予定の改正医療法では、全ての医療機関に情報公開が義務付けられ、専門医数、手術件数、対応可能疾患などが都道府県のHPに掲載されます。2008年以降は死亡数、手術成功率など「病院の実力=信頼できる病院」を示すデータの公示が義務付けられて行きますが、病院の実力を支える最も大きな支柱の一つは感染症危機管理の徹底です。−著者−
付録として院内感染防止教育に役立つ、ウイルスの感染予防のポイントをまとめたCDが付いています。
●著 者  浅利 誠志   大阪大学医学部附属病院・感染制御部副部長
●体 裁 92頁
●定 価 3,675円 (本体 3,500円 +税)
●ISBN 978-4-914909-37-6
●発行日 2007年3月30日