目次

最新医学 72巻10号(通巻927号)

特集 甲状腺臨床の最前線
                       



「最新医学」72巻10号特集は「甲状腺臨床の最前線」です。


 超音波で甲状腺を検査すると約40%の患者さんには何らの所見が認められ、更に成人の約10%には乳頭 がんが潜在性がんとして存在していると言われています。また、潜在性の甲状腺機能異常は年齢とともに 増加し70才以上では約15%に認められることもあり我が国の甲状腺疾患の患者数は1000万人を超えていま す。
 一方で甲状腺がんに関しては2011年に発生した福島第一原子力発電所事故がどの様な影響を及ぼすのか が注目されています。
 本特集では「甲状腺臨床の最前線」と題して最新の研究成果から甲状腺疾患や甲状腺がん診療の現状に ついて世界をリードする先生方に詳しくご紹介頂きました。
 また巻頭の座談会では臨床の最前線でご活躍されている先生方をお迎えして甲状腺疾患(機能低下症、 機能亢進症)診療の現状から開発が進む甲状腺がんの分子標的薬まで分かり易くお話し頂きました。 
 様々なガイドラインの作成や甲状腺がんに対する新薬の登場,あるいは新たながんの分類など新展開を 迎える甲状腺臨床の最新の話題をすべて網羅した一冊です。
 是非、ご一読頂き日常の診療にお役立て下さい。

論文題名

著者所属

著者名

通巻頁
序論 群馬大学 山田 正信
[座談会]
甲状腺学の基礎と臨床:現状と今後の展開 伊藤病院 吉村 弘
日本医科大学 杉谷 巌
(司会) 群馬大学 山田 正信
【基礎】
甲状腺ホルモンの遺伝子作用機構: 抑制系は解明できたか? 浜松医科大学 佐々木 茂和
甲状腺ホルモンの遺伝子を介さない作用機構:non-genomic action 名古屋大学 林 良敬
TRHの発見から半世紀:新たな展開 群馬大学 渋沢 信行
【バセドウ病と甲状腺機能異常】
バセドウ病のモデル動物 長崎大学 永山 雄二
バセドウ病と遺伝:GWAS研究、抗甲状腺薬の無顆粒球症の遺伝子は? 和歌山県立医科大学 赤水 尚史
甲状腺クリーゼのエビデンスに基づく治療法 東京女子医科大学 磯崎 収
妊娠と甲状腺疾患:至適TSH値は?抗甲状腺薬は? 国立成育医療研究センター病院 荒田 尚子
【TSH不適切分泌症候群】
甲状腺ホルモン不応症の発症機構からTRα異常、診断アルゴリズムまで 村瀬病院 石井 角保
TSH産生腫瘍の発症機構は解明されたか? 群馬大学 堀口 和彦
【甲状腺がん】
甲状腺がんの遺伝子変異 長崎大学 光武 範吏
甲状腺がん取り扱いの変遷:欧米との違い、取扱い規約、微少がんの扱い 神甲会 隈病院 宮 章博
甲状腺がんの分子標的薬の最前線 日本医科大学 岡村 律子
放射線と甲状腺:福島とチェルノブイリの事実から 長崎大学 山下 俊一
痛みのClinical neuroscience
(28) 痛みと自律訓練 愛知医科大学 芦原 睦
ノーベル賞と医学の進歩・発展
(48)   大学
トピックス
急性肺塞栓症治療のUp-to-Date 京都大学 中村 真潮
HER2陽性乳房外パジェット病に対する抗HER2抗体治療 東京大学 舩越 建

HOME