書籍詳細

腹部疾患の画像診断 各画像検査の役割と評価法を疾患別にわかりやすく記述。豊富な写真図版を用い、明確に記述された疾患鑑別法。臨床本位に編集された、講座形式の記述。Interventional radiologyまで含んだ広範な内容。臨床の第一線で活躍中の81名の充実した執筆陣。

書名 フクブシッカンノガゾウシンダン
腹部疾患の画像診断
著者 ナカムラヒロノブ・マツイオサム・タカヤスケンイチ
中村仁信・ 松井修・高安賢一 編著
定価 8,610 円(本体 8,200 円 +税)
発行年月日 1997. 1.20
判型 B5
頁数 272
ISBN ISBN 4-914909-17-0
分類コード C3047
目次 1.序論:画像診断の進歩と基本
2.画像診断
1)肝臓
a.肝腫瘍性病変:超音波診断
b.肝腫瘍性病変:CTによる肝腫瘤性病変の鑑別診断
c.肝腫瘍性病変:MRI診断
d.肝腫瘍性病変:血管造影
e.早期の肝細胞がん
f.びまん性肝疾患
2)胆道・膵臓
a.胆石症:胆石の構造・組成の診断
b.胆石症を除く胆嚢・膵臓疾患:超音波診断
c.胆石症を除く胆嚢・膵臓疾患:CT診断
d.胆石症を除く胆嚢・膵臓疾患:MRI診断
e.胆石症を除く胆嚢・膵臓疾患:経皮経肝的胆管造影、内視鏡的逆行性胆管膵管造影
f.胆石症を除く胆嚢・膵臓疾患:血管造影
3)消化管
a.上部消化管疾患:CT・MRI診断
b.下部消化管疾患:CT・MRI診断
4)腎・副腎・後腹膜
a.腎・副腎・後腹膜疾患:超音波診断
b.腎・副腎・後腹膜疾患:CT・MRI診断
5)骨盤臓器
a.前立腺・膀胱疾患:CT・MRI診断
b.子宮・卵巣疾患:CT・MRI診断
6)腹部救急疾患
7)小児腹部腫瘍
8)腹部核医学診断最近の知見
3.Interventional radiology:IVR
1)血管系のIVR
2)非血管系のIVR
4.座談会 肝・胆・膵の画像診断 up-to date

BACK