書籍詳細

抗腫瘍効果だけを目指した従来の「がん医療」に対する反省から生まれてきた「緩和ケア」。本書は、緩和ケアの方法に従来の治療手段も包括的にとりいれて、症状コントロールを積極的に行っていこうという、新しい考えにたった緩和医療体系を提唱する。

書名 カンワイリョウノススメ−ガントトモニイキル−
緩和医療のすすめ−がんと共に生きる−
著者 アオキユキマサ・ナカガワケイイチ
青木幸昌・中川恵一 編
定価 2,940 円(本体 2,800 円 +税)
発行年月日 1998.12.8
判型 四六
頁数 258
ISBN ISBN 4-914909-22-7
分類コード C3047
目次 第1章 がん治療のありかたと緩和医療
がんと死−高野利実
がん治療のありかた−岩瀬哲
がんの告知−青木幸昌
末期がんと周辺−中川恵一
第2章 がん治療における症状緩和治療の実際
進行期・末期がんにおける症状とQOL−岩瀬哲
根治治療からターミナルケアへの移行−中川恵一
緩和治療の必要性−青木幸昌
ホスピスケアと緩和医療−中川恵一
緩和医療の方法−青木幸昌
がんの各種症状とその発生機序・緩和治療の手法−中川恵一
末期がんの看護−広瀬寛子
末期がんの心理ケア−広瀬寛子
末期がんの栄養管理−高野利実
進行・末期がんの経済的問題−高野利実
末期がんでのセデーション−青木幸昌
東大病院における総合腫瘍病棟の挑戦−中川恵一
座談会 緩和医療とは−どういう医療をしたいか、してほしいか−

BACK