書籍詳細

最新医学社「緩和ケアマニュアル第5版」(第1刷)をご購入の皆様記載の訂正とお詫び

「緩和ケアマニュアル改訂第4版」の内容を時代に合せ全面的に刷新しました。

新規薬剤も網羅し、さらに充実した内容になっています。緩和医療に携わる方のみならず、一般臨床医ならびにコメディカルの方々にとっても価値のある実践的マニュアルです。
是非お読みください。

内容特徴

・臨床に即応した具体的解説
・コミュニケーション、スピリチュアルケア、新規薬剤など新たな実践方法を追加、解説
・症状マネージメントとケアの実践的解説
・精神的ケアから家族へのケア、そしてインフォームドコンセントと告知の実際まで、小冊子ながら網羅的に解説
・携帯に便利なA6変型判ビニールクロス張り表紙


書名    カンワケアマニュアル                  ダイゴハン
緩和ケアマニュアル 第5版
著者 ヨドガワキリストキョウビョウインホスピス
淀川キリスト教病院ホスピス編
カシワギテツオ、    ツネトウサトル
柏木哲夫 、恒藤 暁 監修 
イケナガマサユキ、スワナオコ、コダマトモユキ、イマイケンゴ、タムラケイコ
池永昌之、諏訪直子、児玉智之、今井堅吾、田村恵子 著
定価 本体 2,500 円 +税
発行年月日 2007年1月
頁数 280頁
ISBN 978-4-914909-36-9
分類コード C3247
目次 第1章 末期がん患者の特徴
T.ホスピス入院時の主訴
U.生存期間
V.急  変
W.死  因


第2章 コミュニケーション
T.コミュニケーションの原則
U.コミュニケーションの実際
V.インフォームド・コンセントの実際
W.真実を伝える
X.真実を伝えた後の対応
Y.難しい質問への対応
Z.生命予後の伝え方


第3章 ターミナルステージ
T.ターミナル前期(数ヵ月)
U.ターミナル中期(数週間)
V.ターミナル後期(数日)
W.死亡直前期(数時間)


第4章 身体的ケア

T.疼痛マネジメント
A.疼痛の原因
B.疼痛の病態
C.疼痛マネジメントの原則
D.鎮痛薬の種類
E.非オピオイド性鎮痛薬
F.オピオイド性鎮痛薬
G.鎮痛補助薬
H.痛みのある患者のケア


U.その他の身体症状のマネジメントとケア
A.全身倦怠感
B.食欲不振
C.嘔気・嘔吐
D.消化管閉塞
E.便  秘
F.腹  水
G.下  痢
H.嚥下困難
I.口腔の問題
J.呼吸困難
K.咳  嗽
L.胸  水
M.死前喘鳴
N.不  眠
O.高カルシウム血症
P.血  尿
Q.排尿困難
R.尿失禁
S.膀胱痙攣
T.かゆみ
U.しゃっくり
V.転移性脳腫瘍
W.脊髄圧迫


第5章 精神的ケア
T.末期がん患者の精神的特徴
U.精神的アプローチ
V.精神症状の治療とケア
A.不  安
B.抑うつ
C.せん妄


第6章 スピリチュアルケア
T.スピリチュアルペインの概念
U.スピリチュアルペインの表出
V.スピリチュアルケアの実際
W.スピリチュアルケアの理論的なアプローチ


第7章 家族のケア
T.家族の問題
U.家族とのコミュニケーション
V.予期悲嘆への援助
W.死の受容への援助
X.看取り時の家族ケア
Y.遺族のケア


第8章 緩和ケアの技術
T.コルチコステロイド
U.持続皮下注入法
V.末期における輸液
W.末期におけるセデーション

BACK